同級生の可愛い女の子が兄貴とセックスしてて、盗み聞きしてたんだが・・・

同級生の可愛い女の子が兄貴とセックスしてて、盗み聞きしてたんだが・・・

今は俺は高3

この話は高2の時

スペック

俺 高2男子 身長170くらい

顔はよく森山未来に似てるっていわれるけどブサメン

サッカー部

同級生 高2女

顔は雰囲気桐谷みれいに似てるとおもう

可愛い

身長は155くらいかな?胸はCかDぐらい

男子バスケ部マネ

大学1年

俺と同じ高校だったバスケ部OB

悔しいけどイケメン

身長180くらいはあった

これは高2の冬の話
テスト休みだからいつもは地元の図書館にいくんだがあまりにも図書館が寒いから俺は家で勉強することにしたんだ俺んちは三階だてで、一番下が駐車場二階がリビング、親の部屋三階が俺と兄ちゃんの部屋って感じだっただから自分の部屋にいるときは誰が帰ってきたかはよくわからない俺は自分の部屋でコンビニで買ったご飯をくって勉強をはじめたすると1時間後ぐらいに誰かが帰ってきたんだおじゃましまーす♪って女の子の可愛い声と共に・・そして階段を上がってくる。

その時は誰かはわからなかったが兄ちゃんの彼女か・・ぐらいで受け止めてた。

兄ちゃんは俺がいることには気づいていなかった俺は少しドキドキした俺はドキドキしたが勉強をはじめた女の子が兄ちゃんの部屋に遊びにくるのは普通だったから。

いつも声は丸聞こえでただ声が可愛いかった。

だが会話を聞いていてだんだん疑問が湧いてきたんだどうやら俺の高校の話をし始めた兄ちゃんも同じ高校だったからおかしくはないのだが、バスケ部の様子とか現状とかを女の子から聞き、女の子が答えている。

だが兄ちゃんがその子の名前を呼んだ瞬間俺は気付いたんだ・・同級生だということに。

俺は戸惑った。

なんで兄ちゃんと?兄ちゃんにも失望した。

高校生を狙うなんてシネと思ったしばらくすると静かになったんだ俺は勉強しつつも壁の向こう側の声に夢中になっていたもう壁に耳をおしつけて聞いたんだそしたら聞えた。

聞こえたんだ「チュッチュッ・・んっっんっっ」

こんな感じの音と声だったチューの音が俺がよく見るAVのようにエロい音だったチューしながら兄ちゃんが「ゆき好き」

とか言ってて気持ちわるかっただが俺は興奮してしまった俺のアソコはそれだけでおっきしていただけどその日は多分チューだけで帰っていった胸ぐらいは触ってたかもしれないが音を聞いただけではわからなかった兄ちゃんがゆきを送りにいった後俺は全力で抜いた次の日俺は学校でその子を探した名前でだいたいわかってはいたが見たかった見つけた瞬間俺は勃起した可愛いすぎるんだ・・今日もくるのかななんて思いながら家にかえったがその日は誰もこなかったしばらくゆきは完全に俺のオナネタだったただ兄ちゃんとは別れてほしかったイケメンだし仕方ないとおもったがやっぱり身内は嫌だったしあまり信じたくなかった兄ちゃんは有名人でいうと生田斗真っぽいかんじ俺とは違ってイケメンだったそしてテストの最終日の前日のことだった学校が午前中で終わり俺はいつものように真っ直ぐ家へ帰宅親は共働きだからだれもいない家兄ちゃんは今日も大学といっていた俺は勉強をはじめたんだが2時間後ぐらいに階段を登ってくる天使の声が聞こえたんだ兄ちゃんもいたんだがな。

おれはベッドに乗り壁にスタンバイ完了壁をはさんだ向こう側に兄ちゃんのベッドもあるんだ2人は兄ちゃんの部屋に入り、テレビをつけたするとギシッという音が聞こえた俺は唾を飲んだ・・話し声が聞こえはじめた多分ベッドに座ってテレビをみているのだろう会話を聞いているとお昼ご飯を一緒に食べ俺の家へきた感じらしい。

ギシッギシッ20分ぐらい話した後どうやら兄ちゃんはゆきを後ろからだっこしはじめたらしいそしてテレビの音がきえた兄「ゆき好きやで」

ゆき「んふふww」

兄「ゆき後ろ向いて」

ゆき「・・んぅっっ」

またあの音が聞こえてきた・・チュッ・・チュッチュッ・・兄ちゃんはどうやら音をたてながらチュッチュッするらしい2人の息は次第に激しくなっていった2人ともハァハァっていってたチューだけなのかもう胸を触ってるのかよくわからなかったがゆきの息はエロかった俺の右手は妄想とともに加速しただが音を立てると終わりだったのでかなり慎重に聞いていたゆき「あッッ・・」

そんな感じでいきなり喘ぎ声が聞こえたおっぱい?おっぱいをさわったのか?いろんな妄想をはりめぐらせたゴソゴソ音が聞こえて兄「ブラ・・可愛いな。

エロい・・」

ゆき「もぅ・・やだ///」

兄「ははwでも似合ってる。

可愛い。」

ゆき「恥ずかしいから電気・・消して?」

ブラ?ブラ?ブラ?どんなブラだよ!兄ちゃんkwsk!!!ってかんじだったすると兄ちゃんは電気をけしたパチッ多分ブラがはずれた。

するとまた喘ぎ声が聞こえてきたゆき「アッッはぁぁんっ(兄)ダメっっ」

チュッチュッジュパッッゆき「はぁぁっんっアッッアッッダメっっ」

多分チューしたり胸さわったりって感じだったそんな感じのいやらしい声だったAVみたいに声がでていて兄ちゃんの舐める音がエロかった・・おれは同級生が壁の向こう側でそんなになってるのを考えるともう絶頂に達しそうだった・・そしてついに兄ちゃんの手がゆきのスカートの中にはいっていった兄「ゆき、濡れすぎ・・」

ゆき「ヤダッッ・・///ンッハァッッッン」

クチュクチュ・・ゆき「アッッアアンッッだめっだめっ」

それが何分か続いてたゆきの声はいやらしかったまたガサガサ聞こえた。

多分パンツを脱がしたんだと思う兄「ゆき、指入れるな?」

ゆき「くぅん・・アッッ」

兄「痛い?痛かったら言って」

ゆき「うぅん。」

兄「もっと足開いて」

ゆき「・・。

恥ずかしい・・んんっっアッッ」

あれ、処女だったのか?ビックリした処女なのにあんな色っぽい声をだすなんて・・もしかしたら兄ちゃんのために頑張ってたのかもしれないんだが。

クチュクチュクチュクチュッッゆき「ハァッアッッダメッッ」

10分か15分ぐらいは続いてたから俺はその間に絶頂を迎え一回抜いたゆきはよく喘ぐ方だった2人の息がエロかったwここから兄ちゃんの名前をけーちゃんで表しますそれから多分挿入兄ちゃんのチャックをおろす音が聞こえゴムを開ける音が聞こえたゆき「けーちゃん・・///すごい//」

そんなことをいっていた。

きっと兄ちゃんもビンビンだったんだろう俺もビンビンだ。

また少しクチュクチュと音が聞こえてきたゆき「はぁぁッアッッアアンッッ」

手マンかな?何分かそんな感じで聞こえてきた兄「ゆき、入れるな?」

ゆき「うんっ・・」

兄「んっっ痛い?」

ゆき「だ、大丈夫・・」

兄「痛かったら言ってな」

ゆき「アッッ」

兄「大丈夫?もう少しやから・・」

ゆき「んんンッッ」

兄「ッッハァッ。

入ったよ、痛かった?痛い?」

ゆき「少しだけ・・大丈夫だよ」

ゆき「ンッンッンッ」

兄「ハァッハァッハァッ」

ゆき「けーちゃん・・ンッンッ・・」

兄「ゆきっゆきっ好きっハァッハァッ」

ゆき「ンッンッゆきもっハァッハァッ」

パンパンといやらしい音が聞こえた10分ぐらいはそれが続いていた俺の右手も早くなっていく兄「アッッだめだイクッ」

ゆき「アッッアッッ」

兄「ゆきっゆきっゆきっイクッイクッハアッッッ」

ゆき「アッアッけーちゃんッけーちゃんッ」

多分兄ちゃんはイった。

俺もイった。

その後はしばらくチュッチュッしてベッドで一緒に寝てたみたいだったずっと落ちつかなかった覗きにいくかまよったがそんな勇気はなかった俺は完全にゆきが好きになっていましたでも兄ちゃんの彼女これはなくならなかった辛かったでも童貞ブサメンの俺にはなにもできなかった俺はゆきを学校で毎日見ていた。

授業中ゆきと兄ちゃんとのセクロスを思い出しておっきしたことだってあるし、学校で抜いた日もあった頭の中はゆきでいっぱいだっただが俺には一度も目をくれなかった。

ゆきは俺が兄ちゃんの弟だということは知らなかった兄ちゃんも言ってなかった言う必要はなかっただけだとおもうけど。

そんな日々が続いたんだそして高3になった。

まさかの俺とゆきは同じクラス。

だが目を合わせることもなく、これから話すこともないだろうってかんじだった。

でも俺は毎日眺めてた一緒の空間にいれるだけでも幸せだったもちろんオナネタは毎日ゆきだった俺が兄ちゃんの弟だとばれる日は突然あらわれたある土曜日のことだった午前中にサッカーが終わり帰宅する俺。

帰宅するなり2階のリビングへ行き麦茶を一気飲みするこれ最高だよなそれから俺はいつも洗面所へいき洗濯物をすべて入れるんだ俺の家の洗面所はお風呂の前にあるんだリビングでパンツだけになり洗濯物をすべてかきあつめ洗面所へむかったんだが俺の足がとまる・・シャワーの音いや、まさかな兄ちゃんいねーし・・いやまさかなwwwww俺はそっと洗面所のドアをスライドさせる風呂場のすりガラスには薄っすらと女子の身体がwwwwwwそう、ゆきだったんだwwwwwwwちゃんとおっぱいがあったんだ俺はそっと洗濯機のふたをあけ、しゃがんでまた目線をすりガラスにもどしたwww確かにおっぱいだった。

俺のボクサーパンツはすでに興奮で盛り上がっていた俺は見惚れてたんだが、急にシャワーがとまった俺は焦って洗面所を出る。

焦った勢いで半開きのドアに身体の一部をぶつけてしまったんだ3階までいく余裕はなかったから急いでリビングに入った心臓がバクバクしてソファーにすわりどうやって3階にいくか考えていた。

あとなんで兄ちゃんがいないのか考えていた。

でもそれだけで終わらなかったんだ。

廊下をペタペタ歩いてくる音がしたんだいや、まて、まさかな。

まさかなまさかな。

まさかだったw俺はもう何も考えることができなかった隠れる場所をさがしたが見つからなくて台所へいきしゃがみこんだ。

パン一でな。

完全に不審者だったするとドアが開いたんだ。

「け~ちゃん!どこけーちゃん!」

俺はもうビクビクしていた。

台所をスルーし、机の方へいく。

また戻ってきて足音がとまる。

ゆき「けーちゃん?・・じゃないよね。」

俺は壁の方を向いてしゃがんでいたがゆっくりと顔だけ振り返るなぜか俺はお辞儀というかうっすみたいな感じ。

俺は息を飲んだゆきは兄ちゃんのTシャツにパンツだったというか兄ちゃんのTシャツから生足がでてる感じ。

たまらなかった俺「・・・。」

ゆき「なんで俺くんが?・・」

俺「ここ、俺ん家。

・・。」

ふるおっきしてる俺は振り返ることしかできない。

ゆき「そうだったんだ・・」

俺「うん・・」

ゆき「じゃあけーちゃんの弟?」

俺「うん・・。」

ゆき「知ってたの?」

俺「いや・・」

ゆき「もういいや、ごめんね」

そう言い残し階段を駆け上がっていった。

俺もトボトボ自分の部屋へ戻るスエットに着替えベッドに座る。

落ち着こうとおもったが隣の部屋にあの服装のゆきがいると考えたら更に興奮してしまった俺はスエットを下ろしオナニーをはじめた洗面所からのことを思い出しシコシコシコシコしていた特にゆきの服装が俺の興奮をさらに興奮させたんだ多分ノーブラだったとおもうするとドアを叩く音が聞こえた。

俺はすぐにスエットを引きあげる慌ててしまったからパンツわさげたままだった立ってるのがばればれだったためブランケットを下半身にかけた。

俺「はい」

ドアがひらく入り口に私服でバッグを持ったゆきが立っていたゆき「今日はごめんね」

俺「いや、全然」

ゆき「けーちゃん寝てるから帰るね。」

俺「お。

おう」

ゆき「お邪魔しましたバイバイ。」

俺「バイバイ」

そしてゆきはドアを閉め階段を下りかえっていった。

そして俺は再びオナニーをした。

その後は兄ちゃんにゆきが帰ったことはいった。

なんだ、同んなじクラスだったんだ。

とかいって笑っていた。

これが俺とゆきの始まり?だった。

学校では度々目があったりした。

ドキドキした。

授業中にはすぐに妄想がひろがる。

もう毎日抜いていた。

今おもえばあの時の性欲はどうかしてたと思う。

忘れられたのもサッカーの時だけだったと思うゆきとはたまに話すぐらいにはなった。

部活の時冷水機あたりでいつも部員の水をつくったりしてて俺とあったら笑顔で声かけてくれたりした。

すっげぇ可愛いくて俺はどんどん好きになっていった。

そして俺はサッカー部を引退した。

俺は夏休み毎日家で勉強した。

でもゆきが俺ん家にくることはなくなった。

気になって仕方なかったから兄ちゃんに聞いたゆきとはどうなったのか。

兄ちゃんは別れたよって言った。

なんだ、そうだったんだ。

じゃあもう俺ん家にくることないんだ。

そう思った。

俺は童貞だし彼女なんていなかったからアタックなんかできなかった。

コミュ障ってやつかな?夏休みにクラスの打ち上げがあった。

バイキングいったんだけどその中にゆきもいたんだ。

久しぶりに見れたことに感動した。

やっぱり好きだ。

そう思った。

見ないうちにゆきはもっと可愛いくなってた。

髪の毛を茶色に染めて服装も可愛いくてたまらなかった。

打ち上げではゆきとは少しだけ話せた。

そしてゆきがトイレにいったんだ。

俺は勇気を出して連絡先を聞こうと思った。

それだけでも俺は精一杯だった。

俺は席を立ちトイレの前で待つ。

心臓バクバクだったするとゆきが手を拭きながら出てきたゆき「あっ俺くんじゃん、誰待ち?」

俺「あぁ、ちょっと友達を」

ゆき「連れションかwww」

俺「お、おぅ」

ゆき「てか兄ちゃんとは別れたんだw弟って聞いた時はビックリしたwあの時あんな格好で何してたの?」

俺「い、いやあれは違うんだよ。」

俺は予想外な会話になり焦ったゆき「んふふw」

俺「部活で着替えてただけだよ」

ゆき「そーなんwまぁもういいねんけどね。」

俺「れ、連絡先教えて!」

俺はもう頭がまわらなくなっていた・・ゆき「えwwいきなりびっくりしたwいいよ」

iPhoneのばんぷというアプリで連絡先を交換しゆきが先に席にもどっていった。

残りの打ち上げではほとんど話さなかった。

そして家に帰りその日もオナニーをして寝た。

ゆきとはたまにメールしたりした。

俺はメールは得意だったみたいだ。

メールヤンキーだった。

いつも2ちゃんをしてたおかげだったのかもしれないが。

受験の話とか色々した。

メールはとても楽しかった二学期から俺は学校に残って勉強することにした。

家に帰ると鉛筆を握るより先に違う鉛筆を握ってしまうからだ。

学校は残ってる人が全然いなくてかなり集中できた。

勉強は頑張ったぞ!衝撃的な出来事は突然だった。

ある日久しぶりにゆきからメールがきたんだ。

俺は嬉しくて嬉しくてその夜は3回くらい抜いたメールヤンキーの俺にメールがきたのなんて初めてだったからな!内容はゆき「勉強頑張ってる?」

俺「おう!かなりな!」

実はオナニーしてるけどwゆき「そっかぁ。

最近集中できない」

俺「まじか。

頑張れ!どこで勉強してんの?」

ゆき「図書館。

けど寒い」

俺「そーなんだ。

頑張れ!学校も寒いけどな」

ゆき「気分転換に土日は学校で頑張ろうかな」

俺「それもいいと思うで!」

こんな感じの内容だった。

俺はかなり嬉しかった!てか嬉しかった!!!土日ゆきがくるかどうかかなりwktkしていた。

そして土日がきた。

俺はいつものように朝から学校にいき3年5組の教室に机を2つくっつけて座って勉強を始めた。

参考書をいっぱいおけるようにな!学校は1・2組が特進クラスでそのクラスにいつもは人がいるんだけど土日はほぼ誰もいなかった。

いつも7組らへんにいるやつはちゃんときていた。

昼になってもゆきはこなかった。

が、しかし、教室のドアがひらいたんだ!俺は一気に緊張した。

制服姿のゆきだった。

当たり前だが可愛い俺「お、おぅ」

ゆき「やっほー♪頑張ってる?」

俺「まぁな」

ゆき「はいっあげるー」

といってゆきはブラックさんだーをくれた。

俺「あ、ありがとうな」

ゆき「さてと、勉強しよっと」

俺「集中しろよ」

ゆき「俺くんも♪」

いやいや、できるわけねーだろ俺はずっとゆきの後ろ姿を見つめていた。

俺の鉛筆に手が伸びそうだったのを一生懸命とめた6時になるといきなりゆきが片付けはじめた俺「かえんの?」

ゆき「う、うんw集中きれちゃったw」

俺「そっか。

お疲れ様」

ゆき「うん、じゃあ頑張ってね!バイバイ!」

俺「おう。

バイバイ!」

送るって言えよ俺。

勇気がでなかった。

8時で管理のおっちゃんきておいだされた。

そして日曜日今日も勉強していた。

朝から勉強し、昼飯を食うといつも眠たくなるんだ俺はウトウトしはじめ寝てしまった誰かに腕をツンツンってされるんだ俺はまだ意識が朦朧としていた。

そらしていきなり鼻をつままれたんだ!俺は目が覚めてビックリした隣りのせきにゆきが座ってるんだ。

俺は机を2つくっつけてつかってるんだわかるな?距離が近すぎるそして俺の太ももに手がのせてある・・ゆき「あ、起きたw」

俺「・・・」

ゆき「ごめん、怒ってる?w昼から来たのにずっと寝てるんやもん」

俺「怒ってへんよ。

そんな寝てた?」

ゆき「うんwバカみたいに寝てたw」

俺「まじかー」

心臓がバクバクいっていた。

ゆき「何の勉強してたの?」

そういって俺の机を覗きこむ。

ゆきのロングヘアーからシャンプーの匂いがいっきにひろがって俺は一気に興奮したんだwwwwそう立ち上がったんだ俺は焦ってたイスをひきたかったがゆきの手がおいてある。

でもゆきは今は机を覗きこんでるが元の体制にもどったら絶対ばれてしまう。

俺は焦りまくった、どうしようか考えたあげく、俺は机の上のシャーペンを持った!とりあえずドラえもんをかくそう、ゆきの意識をこっちに向かせてその間に抑えようとしたんだ。

俺「うまい?」

ゆき「ふはははw下手くそww貸して?」

だがしかしゆきは右手でシャーペンをもち書きはじめたんだが、左手に少し力がはいり俺の太ももをさらに刺激してきたんだ。

俺の興奮は全然おさまらなかったむしろ距離が近すぎてもう限界だった。

童貞コミュ障の俺には刺激がつよかったんだ。

ゆき「ほらー!ゆきのんがうまいでしょ☆」

そういって俺をみつめてきたいや、近い、近すぎるチューすんぞゴルァ!!って感じの距離な。

できねーのが俺。

焦って、俺「いや、へ、下手くそやん!かして」

彼女からシャーペンをかりて担任の顔をかこうとする俺。

その時変な感覚を感じたんだ。

そう、俺の股間に。

俺はシャーペンが止まった。

ゆきを見ることができなかった。

心臓はMAXバクバクしていた。

ゆき「おっきくなってるよw」

いや、率直すぎるから。

さらにおっきくなったゆきは俺のおっきいのを優しく撫でる。

なんだこの状況。

俺は頭がおかしくなりそうだった俺「・・き、緊張しててなw」

少し笑いながらもうそれぐらいしか言えなかった。

ゆきは俺のを撫でつづけたりしいる。

ゆき「こっち、見て?・・」

真顔のゆきはいきなり俺にキスしてきたんだ。

もう撫でられてるだけでも一気に飛び出しそうだった。

俺は戸惑った。

夢か?現か?そんなかんじだ。

するともう一回ゆきがキスをしてきた。

唇は柔らかすぎたしかしなかなか離れない・・俺はもう理性が飛んだ。

そう、舌を入れたんだ。

中でゆきの舌に絡ませる。

ゆきも俺の舌に絡ませてくるもう最高だった。

するとゆきは俺のズボンに手をいれようとしていた。

入れにくそうだったから俺はベルトをはずした。

俺はビックリしたんだがそのままチューをし続けていた。

ゆきの手はパンツの上から俺のおっきしたのを撫でてきた。

ゆきが唇を離したゆき「俺くんパンツ、濡れすぎだよw」

俺「なにも言葉がでない。

ゆき「下おりない?」

俺「お、おう。」

俺たちは下におりて廊下側の柱の裏に隠れ、座った。

俺の右にゆきが座った。

俺はズボンを膝あたりまでさげた状態。

ゆき「んーっっ」

ゆきは目をつぶって唇を近づけてきた。

俺は迷いもなくその唇を襲ったwwwもう俺は今までにないくらいビンビンだった。

舌を絡ませるキスはだんだん激しくなってお互いハァハァ言っていたwすると再びゆきが俺のおっきしたのを撫でてきた。

下におりるときに確認したんだが本当にかなりわかるぐらい俺のパンツのシミはやばかったから恥ずかしさで興奮してしまった。

ゆきはパンツの上から撫でたりさきっぽをつまんできたりした。

ゆきの手はついに俺のパンツの中へと入っていった。

その間もチューをしていた。

ゆきは俺のおっきしたのを手コキし始めた。

俺は身体に脈を打つ。

完全に感じていたwwそしたら急にゆきがキスをやめた。

ゆきは俺のパンツを下ろし俺のをくわえた!!俺はビックリしてゆきをみた。

ゆきはくわえながら俺を見つめてくる。

そしてフェラをし始める。

もう、とてつもなく気持ちよかった。

夢の中だろってぐらい。

ゆきはツバを絡ませてどんどん責めてくるもう俺は限界だった。

俺「だめ、もうイク。」

ゆきはやめない。

俺「だめだって。」

ゆきはやめない更に激しくしてくる。

俺「あかん、あかんって。

アッ」

俺は身体中に脈をうち、そう、ゆきの口に出してしまった。

最高だけど最悪だ。

ゆきはくわえたままどっかにいってしまった。

嫌われた?やばい?しばらく放心状態だった。

俺はパンツを履き、ズボンをはいた。

ゆきが戻ってきた右手にはトイレットペーパー俺「ごめんな、ほんまごめん。」

ゆき「早すぎー///あれ、汚れてなかった?」

俺「あ、あぁ!大丈夫だよ。

ほんまにごめんな」

ゆき「口の外だったら床が汚れてたやろ?だからわざとやったのー!言わせんとってよ!」

俺「・・・Σ(゚д゚lll)」

そうだったのか。。

ゆき「あと、いっぱい出しすぎww」

俺「ご、ごめん・・」

ゆき「もーっ!帰ろう!」

そして帰る準備をした。

帰り道ゆき「疲れたねー。」

俺「お、おう!」

ゆき「ごめんね、邪魔して。」

俺「お、おう、全然だいじょうぶ」

むしろ最高でした。

ゆきの家の前につく。

ゆき「じゃあね!」

俺「待ってや」

ゆき「ん?なに?w」

俺「その・・俺・・」

俺「こんなときになんやけど好きやねん」

ゆき「ふふw・・ゆきもw」

ゆき「んーっ」

俺「チュッ」

俺は優しくキスをしたゆき「バイバイ!」

俺「お、おぅw」

ゆきは走って家にはいっていったw可愛いかったwって感じですゆきとは今も続いています!大学も一緒です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする