童貞男子高校生と教育実習生の恋の歌

童貞男子高校生と教育実習生の恋の歌

高校生の時、
僕は初めてSEXをしました。

俺が高校1年で童貞だったとき、
教育実習の先生(大学生)のA子が
俺のクラスに音楽担当で配属され、
副担任のような感じで約2ヶ月間一緒に勉強することになった。

彼女は顔は可愛い系の女子大生で、
誰かと言われると高○アナのような容姿。
背は160弱でさほど胸も大きくなく、
どこにでも居そうな今風のJDの印象だった。

けど、俺は密かにタイプな感じだったので、
他のクラスの男子どもがからかったりしている時に
本当に困った表情をしている時だけ
助けの合の手を入れてやったりした。

ある時の音楽の時間
、A子先生から

「今度、合唱部がコンクールに
初出場することになったんだけど、
男性のパートが少ないので助けてくれる人はいないかなぁ。」

なんていいだして、
スケベ心旺盛の男子は大勢

「デートしてくれるなら」

とか

「乳触らせろ」

とか言い出し、
希望者が20名にもなった。

何故か俺も部活をしていなかったこともあり、
更にA子先生への興味も少しづつ
大きくなっていたこともあり、参加した。

部活の練習は、予想以上にキツく、
20名の助っ人がたった3日で俺を含めて
4人になった。

それでもA子先生は
「4人居たら充分。」と言い、
一週間真面目に練習し、
大会では銀賞(大したことはないのだが。)を受賞した。

A子先生は感激のあまり泣いて喜んでいた。

それから数日したある日の放課後。

俺は教室のある棟とは少し離れた芸術棟
(美術室とか音楽室とか調理室とかある棟)の3階の
一番奥の音楽室にA先生に呼び出された。

その時は、合唱のお礼に何かくれるのかな?
程度に思っていた。

部屋に入ると先生はピアノを弾いていたが、
俺を部屋に入れると鍵を閉め、
更にその奥にある個別練習用の小部屋(3つあるうち)の
一つに俺を案内し、鍵をかけた。

これで音楽室自体が防音なので、
更に奥の小部屋に居る俺たちの声はおろか、
例え警備員が見回りに来ても気配すら気がつかない。

俺が「先生、何かくれんの?」なんてノー天気な事を言うと、
A子先生は

「初めからYくん(俺)が合唱を
最後まで手伝ってくれるって思っていたよ。」

って言うんです。

俺は言っている意味がよく分からなかったが、
次の瞬間教育実習生のA子先生が

「はじめからYくんしか見えてなかったの。」

と言うなりキスをしてきて驚いた。

彼女は音楽の先生らしい?
上が薄いピンク地のブラウスに下は黒系のタイトスカート。

初めは軽いキスだったが、だんだんとディープになり、
俺はA子先生を気がついたら
その場に押し倒していた。

そして何が何だか分からず
どうして良いかも分からずにキスだけに夢中になっていると、
A子先生はキスしながら自分のブラウスも
スカートも脱ぎ、そしてブラとパンティだけになった。

そして俺を立ち上がらせると、
ズボンを脱がし俺の自慢の肉棒にむしゃぶりついてきた。

しかも彼女の口はそんなに大きくないはずだし、
俺のも恥ずかしがるほど小さくもない。

それなのに、
肉棒の根元まですっぽり咥えこんだ。

そして、静かな防音の効いた小部屋で

「ジュポジュポ」

とディープスロートするいやらしい音がこだまし、
童貞くんの俺の肉棒も3分ももたずに
A子先生の口の中に大量(まじもの凄い量)の液体を流し込んだ。

彼女は俺のを喉まで咥えたままだったので、
喉の奥の「ゴクン、ゴクン」っていう振動が、
生ナマしく肉棒を伝って感じた。

全部出尽くす頃に軽く肉棒を吸いながら
前後に顔をスロートしている表情が
またエロかった。。

その後、どちらも全裸になり
彼女に色々と教えられながら69。

俺は一度出していたから我慢も結構できたが、
彼女はかなり敏感で、防音とは言えども
外の誰かに聞こえてしまうのではないかって思うほど
もの凄く喘ぎ声でイキまくった。

結局、69だけで俺が更に2回、
彼女が4回くらいイった。

そして挿入。

俺は正統派な正常位かなと思ったらA子先生は
「バックで」と言い
ガンガン要領も強弱も分からず突きまくった。

彼女は俺とは違ってHの経験は何人かあるとは言っていたが、
入り口は絶対に俺の肉棒が入るわけが
無いと思えるほど狭くきつく、
そして中はヌルヌルしていてやわらかい感覚ではあったが、
彼女が感じれば感じるほど肉棒を締め付けてきた。

童貞の俺には相当激しい鮮烈な経験だった。

イキそうになって抜こうとすると

「ナカにだしてぇ、ナカは大丈夫だから~」

と言う言葉を聞くやいなや、
もう4回目なのにまた大量の液体を
彼女の子宮の奥に注ぎ込んでいた。

そして、何発、どれくらい体位を変えてヤったろうか

二人ともぐったりしてしばらく起き上がれなかった。

狭い部屋も精子と愛液の匂いが充満し、
そのエロな空気だけで
またSEXしようと思えばやれたくらいだった。

彼女から「Yくんの側にいたい。」って言われ、
それから俺は卒業するまで二年間、
誰にも知られること無く彼女と付き合った。

彼女のマンションへ行って
泊まったことも何度もある。

もちろん、夜通しセックスもしたし、
色んな場所でもした。

けど、セックスばかりではなく、
勉強も社会人になったときのための
マナーなども色々と教わった。

彼女は地元の教員採用の試験にはなかなか合格せず、
他県の私立の講師として
俺が卒業すると同時に俺の元を去った。

他県の私立の学校の講師採用が決まったのだ。

俺は高校生ながら、A子先生と
結婚も真剣に考えていただけにショックだった。

何度もナカに出し、
妊娠しないかな

と17,8歳の高校生ながらに思ったほどだ。

けど、A子先生は別れを選んだ。

もう逢わない約束で最後に
濃密な夜を過ごして思い出を作り

彼女はいいところのお嬢様で、
どこかの御曹司みたいな男と婚約していたみたいだったけど、
その御曹司の性格や顔や考え方が嫌で別れ、
両親にも冷たくされていたときに実習で俺と知り合ったようだ。

付き合っていたときの話では、
彼女は自暴自棄になった時期もあって
ナンパされた男の子を妊娠中絶した経験もあり、
教師としての強さと女としての弱さを
時々俺には見せてくれた。

それも嬉しかった。

彼女とはもう10年近く会っていないし、
風の便りではどこかの大きな街で結婚し、
二児の母親だという噂も聞いた。

今の俺があるのもA子のお陰だし、
いまでも感謝している。

けど、もう絶対に逢う事はない。

その時代の良き青春時代の思い出を
互いにそのまま持ちつづけていたいから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする