もうお母さんを悲しませることはしたくない・・・

もうお母さんを悲しませることはしたくない・・・

親戚の法事があり、当時高校*になったばかりの僕は、仕事で忙しい父に代わり母と出席することにした。その晩に何が起こるかまだ知らなかった僕は、行きの新幹線の中で気づまりな親戚の顔を思い浮かべながらうんざりしていた。
母は僕に気を使ってそっと耳元で言った。
「大丈夫よ、親戚の方はみんないい方たちだし、一応ホテルも取っておいたから」
「わかった。粗相のないように気をつけるよ、お母さん」

法事の席でのことは特に書くことはない。めったに会わない人たちだったし、いろいろやることがあってばたばたしていたこととご飯をたくさん食べたこと、そしてホテルのチェックインを口実に早々に退席したことくらいしか覚えていないのだ。

 そして、僕らはホテルに着いた。僕もへとへとだったが、母はもっとぐったりしていた。気を使いすぎたのであろう。母はベッドに倒れこんだ。
僕は、母をそっとしておくために、先にお風呂に入ることにした。

 お風呂に入って一息つくと不思議と疲れは取れたような気がした。ほっと一息つくとパジャマに着替え、僕は寝室に戻った。
 母は静かな寝息を立てて眠っていた。ふと、いたずら心が自分の中に芽生えてくるのを感じた。僕はそっと、母の枕元に行くと、母のブラウスのボタンをそっとはずしてみた。

 ぷるっという感じで、母の胸がブラジャーとともに外にはみ出してきた。小柄だが少しポチャッとした感じの母の胸はその日やけに色っぽく見えた。いつもはなんてことのない母の体なのに・・・。

 気づくと僕は母の胸をブラジャーの上からそっとなでていた。
「う、うーん」
 母が声を上げる。どきっとして手を離す。母の寝息がまた始まる。僕はまたそっとなでる。そんなことを繰り返していると母はちょっときつい声で言った。
「かずちゃん」
 ドキッとした僕は、手を離した。すると母は優しい声で言った。

「もう、こんなおばさんのおっぱいさわって。赤ちゃんみたいよ。おかしなかずちゃん」
「ご、ごめん。つい・・・」
 二人の間に気まずい沈黙が漂う。母は気を使ったように優しい声をかけてくる。
「もう、お風呂には入ったの?」
「う、うん・・・・お母さん、久しぶりに一緒に入ろうか?」
 僕は、冗談めかしてそういってみた。母が笑ってくれれば十分だった。だが、母は予想と反する言葉を言った。

「そうね、背中でも流してもらおうかしら」
「え!」
 僕はどぎまぎして叫ぶと、母はベッドの上に座りなおして、言った。
「さあ、かずちゃん、服脱がすの手伝って」
 僕はどぎまぎしながら、ブラウスのボタンをはずした。そして、スカートのファスナーをおろしてスカートを下に下ろすと母はブラとパンティーだけの姿になった。

 母は髪をたくし上げて、僕に背中を向けた。
「はずしかた、わかるかしら?」
 僕はなんとか、後ろのホックをはずす。手際はよくない。
「パンティも」
 そっと、両手をかけて下に下ろす。思わず、あそこの毛を見つめてしまう。
「もう、Hなんだから」
 そういうと、母はお風呂のほうに歩き出した。

「早くいらっしゃい」
 僕はあわてて服を脱ぐと母の後を追った。
 お風呂場に入ると、母は湯船にお湯を張るため、蛇口をひねり、そして僕にいすに座るように指示してきた。
僕はいすに座って母の体を改めて見つめる。むくむくっと僕のあそこが大きく固くなり始める。

「こーら、悪い子だ」
 そういうと、母はタオルに石鹸をつけ、そして抱きしめるような体勢になる。その気持ちよさにますます僕の股間はいきり立つ。
「もう、高校*でこんな大きかったら、これからどれだけ女を泣かせるのかしらね」
 そういうと、母は僕のあれをやさしく握って上下に動かし始める。自分でやるより気持ちがいい。
どろっ、という感じで僕は射精してしまった。
「あ、ごめん」
 手に白い液をためた母に僕は思わず、謝る。母はふふっと笑うと、今度は僕の手をとって自分のあそこに導く。

「ここ、さわってごらんなさい。そう、もう、ちょっと強くてもいいわ。そうそう。そのこりこりしたところがクリトリスっていってね。女がとっても敏感なところなのよ」
 僕は、そのクリトリスという、雑誌でしか知らなかったそこを夢中になってこすってみた。
「そうよ、かずちゃん、上手よ。そうそう。・・・・うっ!」
 母はびくびくっと痙攣した。僕はそのあまりに激しい姿に驚いてしまった。
「大丈夫よ、気持ちよすぎてああなっただけだから」
 そして、お風呂の床に、仰向けに倒れると、両足をぱっと開いた。

「さあ、ここよ。ここに、その大きいものを入れるのよ」
 僕は、体を近寄せると母は、僕のアレをつかみ、そして自分のあそこに導いてくれた。
にゅるんという感じで、あそこに入る。その生暖かい感触の気持ちよさといったら、僕は頭が真っ白になるのを感じた。

「うう、お母さん、お母さん・・・」
 うわごとのように、つぶやきながら母に抱きつくと、母は下からささやく。
「だめよ、ちゃんと腰を動かしなさい。そう、そういう感じ。そうそう・・・」
 そして母の指示するとおりに腰を動かし、僕はその日、二回目の射精をした。母は下からまた同じようにびくびくと痙攣しながら抱きついてくる。

「いっちゃう!」と叫びながら。僕はなんともいえない満足感に包まれる。初体験で母をいかせて、変な自信をつけてしまったのだ。
 僕はその後、ベッドの上で、母の指導の下、様々なテクニックを教わった。そして数時間後、僕らは抱き合ったまま心地よい眠りのついたのだった。

 次の日の朝、僕が目を覚ましたとき、母は、すでに帰り支度をすましていた。
「早く仕度しなさい。いつまで、そんなかっこでいるつもりよ」
 昨日とうってかわって冷たい声に僕はなんだかむしゃくしゃした気分になった。夕べはあんなになったくせに!

 母は忘れ物がないか、もう一度荷物をチェックしようと、僕に背中を向ける。僕は裸のまま、母の背中から抱きついた。
「ちょっと何するの、やめなさい!」
 僕は、母のスカートを背中からめくると、パンティの中に手を突っ込み、夕べ母が言っていたクリトリスとか言う気持ちのいいところを夕べの指導のとおりの力加減でこする始めた。

「やめなさい!やめて・・・や・・・・あん、もうだめだったら・・・」
 声は最初の強く冷たいものから、だんだん甘くやさしいものに変わっていく。僕は母がどうすれば優しくなるかわかってきた。うんと気持ちよくすればいいんだ。
「お願い、もうやめて・・・そんなことされたら・・・ああ!」
 昨日と同じように痙攣して崩れ落ちる母を床に仰向けにさせ、僕はパンティの間から勃起したアレを差し込んだ。

「だめよ、もう・・・」
 そんな言葉だけの抵抗を無視して、僕は昨日より余裕を持ってピストン運動を繰り返した。そして、母と一緒に果てた。ぐったりと倒れこむ母に僕は少し言い訳がましく声をかける。

「ごめんね、お母さん。つい。でも、いった後は夕べのやさしいお母さんと一緒だったよ」
 母はそれに答えず、無言で立ちあがった。僕はあわてて帰り仕度をすると後を追った。気まずい沈黙が流れたまま、僕らはホテルをチェックアウトをしたのだった。

 帰りの新幹線の中で、僕らは気まずい沈黙の中にいた。冷静になってみると母とHしたことはとんでもない行為だ。さすがに父には言わないだろうが、もう母は僕を許さないだろう。

僕はなんだか悲しい気分で席に座っていた。
だが母がトイレやお弁当を買いにいく後姿を見るたびに、後ろから襲い掛かった体験が思い出され、アレはみっともなく大きくなる。
そう僕はあのお尻をなめたり、その前にあるあそこに何度も射精したのだ。

そしてその重大さに僕は落ち込んでいた。そうだ「これで妊娠したら、僕は兄なのにお父さんなんだ・・・」
僕の泣きたい気分はいつまでたっても収まらなかった。そのとき母が僕に怖い顔で声をかけてきた。顔が上げられない。

「かずちゃん、大事な話だから正直に答えてほしいの。・・・昨日みたいなこと、またしたくなると思う?」
 僕はおびえていた。そして必死に母のほうに顔を向ける。でもうそはつけない。僕は搾り出すように声を出した。

「・・・したくなると思う・・・・。でも、もうお母さんを悲しませることはしたくない・・・・だから・・・・」
 母は途切れ途切れに話す僕を、そっと制すると、静かな声で言った。
「わかったわ・・・・いい、したくなったらお母さんに言いなさい。できるだけ、何とかしてあげるから。その代わり、大学卒業するまでほかの子としちゃだめよ。いいわね」

 僕は目を丸くした。そして、口調とは裏腹に、母が僕を許して受け入れてくれたことに安堵し、そしてこれから僕とははとの関係はもっと親密になる予感を感じていた。
それはとても素敵な感情だった。

「ありがとう、お母さん。でもいやなときは無理しなくていいからね」
 僕らは指切りした。そして駅で降りると母は前に立って歩き出す。また後姿が僕を刺激する。

僕は、横に並ぶと母の耳元で思い切って聞いてみた。
「ねえ、さっきの約束は、今日からはじまるの?」
「そうよ・・・ってまあ、この子ったら!」
 そういうと母はくすくす笑い出した。そして僕に言った。

「帰るまでは我慢しなさい・・・・それから、お父さんとの回数を増やすから、それも我慢なさいね」
 僕は晴れやかな気分でこれからの生活を想像するのだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする