ヤラシイ飛び出しクリの変態マゾ奥さんですよ

ヤラシイ飛び出しクリの変態マゾ奥さんですよ

私は39歳、妻は32歳、結婚9年の夫婦です。
妻はとても美形で、CMタレントの松木里菜によく似ていて、何度か間違えられたことがあります。お互いとても大好きで、結婚9年過ぎても愛し合う仲良し夫婦ですが、私達は元々S同士で、変わりばんこにM役をしながら性生活を営んできました。
昨年、上の子が小学校に上がった時にPTAで森崎さんというご夫婦と知り合いました。
森崎夫婦はご主人が35歳、奥様が30歳、
結婚8年のデキ婚夫婦で、奥さんはエクボの可愛らしい奥様です。

昨年の夏、森崎夫婦と4人で飲みに出かけたとき、性生活の話になって森崎夫婦がM同士だと知り、酔った勢いでスワッピングスワッピングする事になりました。

スワッピング当日、多少の後悔と大きな期待で4人でラブホに入り、同じ部屋で森崎夫婦を調教することになりました。

奥様は妻よりも小柄ですがムチッとした体形で、顔も体も可愛くていっぱい虐めたくなりました。

私が奥さんを、妻がご主人をそれぞれ拘束具で股を開かせて体の自由を奪うと、期待でご主人は既にペニスを起たせ、奥さんはしっとり濡らしていました。

私は、奥さんの伸びたラビアを拡げて、クリにローションを塗ると赤いクリキャップを嵌めました。

「ああ…」

ニューッと吸い出されてクリが剥き出ました。

一方、妻は美人顔をにやけさせて、革紐でご主人のタマを片方ずつ独立して縛り上げていました。

「おうう…」

ご主人は少し苦痛に顔を歪めていました。

更に妻はご主人のペニスの根元を鬱血しない程度に締め上げ、亀頭をストッキングで擦り始めました。

「おわっ、おわっ、く、くく、くう…」

これは私も妻にされましたが、イケるほどではないけれど凄い快感がザワザワと内股を伝うのです。

男性は射精してしまわないように、イケない快感を与え続けるのが効果的なのです。

奥さんは、妻に責められて悶えるご主人を見ながら、クリを吸われ続けていますが、ご主人が悶え始めた頃、奥さんに吸い付くクリキャップを弾いてみました。

「あひい!…」

クリキャップを嵌めたまま、グイッと少し押し込むと、クリは更にとび出てそのままクリクリ円を描くようにすると、とび出て剥けたクリがクリキャップに当たりました。

「きゃ~!だめぇ!…あん!ひいん~!」
奧さんはご主人を上回る悶えを見せて、暴れてクリキャップが外れてしまいました。

クリキャップが外れても、ミョコッとクリはとび出てむき出たままです。

その様子をご主人に見せて、

「奥さんのクリを改造して差し上げましたよ。どうです、ヤラシイ飛び出しクリの変態マゾ奥さんですよ」

と言いながら、とび出たクリを指でツンツンしました。

奥さんはそれだけで「ひいぃぃ…」と仰け反って痙攣しました。

ご主人は、奥様の改造クリとその反応を目の当たりにして興奮したのか、妻に締め上げペニスを弄られて射精してしまいました。

「あらやだ、ちょっと奥さんのクリ改造は刺激的過ぎたかしら。あなた、どうする? その奥さん抱くの?」

「お前がいいなら抱くけど」

「いいわよ。その代り、帰ったらお仕置きさせてね」

私は剥けクリで敏感になっている奥さんのおまんこにペニスを挿し込み、ご主人に結合部を見せながら腰を振りました。

奥さんはクリとペニスのダブル快感で、あっという間に逝ってしまいました。

この日私は、射精をせずに帰宅して、妻以外のおまんこに入れた罰として、コックリング締め付け射精制限で妻に騎乗位快楽地獄の刑に処せられました。

何度も空砲で起たされを繰り返して、満足した妻にアナルに指を入れられて、前立腺刺激射精をされてしまいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする