私にとって最高のHとは3Pですw

私にとって最高のHとは3Pですw

私にとって最高のHとは、2年程前に経験した3Pです。
 ある日、暇潰しがてら某2ショットチャットに入っていた時のことです。ある女
性(雅代)が彼氏(英樹さん)と一緒に3Pしたいから相手をしてくれませんか?
とチャットで話し掛けてきました。
彼氏と一緒に3P?変わったことを言うなぁと思いながら話を聞いてみました。
雅代、英樹さん共に23歳、付き合いだして既に2年、最近Hがマンネリ化してきて
ちょっと倦怠気味。

色々試してマンネリ解消をはかったけどどれもイマイチ。で、3Pしてみ
たらという友人の冗談半分の提案に乗り気になり、不満だった彼氏も何とか説得し
たから相手をして欲しいとのこと。

当時30歳だった私はちょうど翌日が休日で暇だったこともあり、半信半疑ながら
「いいよ」と返事しました。
で、当日。名古屋駅近辺のある喫茶店にて待ち合わせ。

既に来ていたお二人を見てビックリ。まさに美男美女のカップルで、通りすがりに
視線を這わせる人も少なくありません。

そんな二人の前にあまりさえないおっさん が座るのですから、私のほうにも好奇
の視線が集まること集まること。
二言三言挨拶めいたことを話し、さっさとホテルへ。

部屋に入ると、雅代はさっさと服を脱ぎだします。
天は二物を与えず、といいます が、彼女の身体はバストとヒップが大きく張り、
そのくせウェストはキュッと引き 締まっていました。

唖然としている私と英樹さんに、「何してるの?早く服脱いでシャワ ー浴びましょ?」
と声を掛け、先に浴室へ。後を追うように英樹さんが、最後に私が浴室 に入りました。

浴室に入ると、雅代は恥じらいもせず英樹さんのペニスをしごいて咥えていました。
そこへ 私が入室すると、チラッと私の股間を盗み見ました。
そして、あからさまに落胆と 後悔の表情を浮かべます。

その時私のペニスは10cm足らずと親指より少し大き めといったサイズで、しご
かれていた英樹さんのペニスが勃起していた状態で12〜3c m程でしたから、彼女が
ため息をつきたくなるのも無理はないところです。

とりあえず身体を洗って浴室を出ると、雅代と英樹さんは早々とベッドに乗って絡み始めました。英樹さんが雅代にのしかかり、バストに舌を這わせたり、アソコを舌や指でいじったり。そんな様を私はガウンを着て横で眺めていました。

絡み合いを眺められているのに興奮したのか、雅代の口から「あ・・・、ん
ふ・・・」と声が漏れ出します。
結構濡れやすいたちらしく、アソコはそれほど愛撫したわけでもないのにはたから
見ていてもしっとりと濡れているのが見て取れました。

頃は良し、と英樹さんがペニスを雅代のアソコにあてがって、一気に腰を落とします。
「ん・・・、んん・・・」雅代が声を漏らします。
 英樹さんはしょっぱなから腰をガンガンと使います。

「ンッ、ンッ、アッ、ンッ・・・」雅代が出入りするペニスの感覚に、艶っぽい声を
あげだしました。
 英樹さんの動きは、見た目は激しいですが、変化に乏しく単調でした。それを裏付ける
ように、
「ねぇっ、アッ、もっと、もっと突いてッ・・・」と雅代がおねだりします。

 それに対し英樹さんは腰の動きを速めたり、オッパイに舌を這わせたりしますが、雅代
は、
「もっと、ねぇ、もっと・・・」と更なる刺激を求めます。
 そんな状態で5分、英樹さんは腰をブルブルッと震わせ、動きを止めました。
「えっ、もう?」と雅代が声をあげます。

 見られることで性感を高めていた雅代同様英樹さんも性感が高まっていたようですが、そ
れが災いして早々と射精してしまったようです。
「もう・・・」雅代の不満そうな声。
「交代するかね?」私が声をかけると、決まり悪そうな顔で英樹さんが雅代の上から退きま
した。

ガウンを脱いだ私に、「あ〜あ・・・」という顔を向けていた雅代が再度私の股間
に視線を向けたとき、ギョッとした表情に変わりました。

 浴室での状態とは異なり、ペニスは18cm前後のサイズに勃起しており、かつ
太さは4cm程と先ほどの状態とは比べられないような状態になっていました。
 私のペニスは普段は縮こまっていますが、性的に興奮するとサイズが大幅に変わ
るほどに勃起するのです。

 そのことを私はチャットで敢えて伝えていませんでした。
 で、そそり立ったペニスを揺らせながら雅代に近づくと、あまりの大きさに雅代が後
ずさりします。今まで英樹さんと同じくらいのサイズの男性としか経験がなかったので、
流石に少したじろいたようでした。

 私は彼女にのしかかり、バストを再度英樹さん以上にねちっこく愛撫しました。舌だけ
でなく10本の指を全部使って、指先で全身を撫で回すのです。
 全身を隈なくマッサージするように愛撫するうちに、性感帯を一つ、また一つと
見つけては刺激し、それだけで雅代は悶えました。

 さらに股間に顔を埋めて、アソコを広げて舐め回すと、
「アッ、アッ、アッ、アッ・・・」と声のトーンを変えながら、喘ぎます。
 アソコを丹念に舐めて、さらにクリトリスに指を伸ばし、皮を剥いて摘み上げる
と、
「アヒッ、アァァァァァァァ・・・」とさらに悶えます。

 英樹さんにはクリトリスを舐めてもらったことはあるが、皮を剥いてから舐められたの
は初めてとの事。
 そこでクリトリスに口を付け、勢いよく啜ります。
「アヒャアッ!ヒッ、ヒッ、ヒッ・・・!」雅代は悲鳴のような声をあげて、腰をう
ごめかします。
 舌で突付いたり、舐めたり、さらに吸ったりと、剥き出しのクリトリスを散々に
舌でいじります。

「アハッ、イッ、イッ、イッ・・・」初めての感触に、雅代は腰をうねらせて喘ぎま
す。
 そんな腰を両手でがっちりと抱えあげ、舌と口でアソコとクリトリスをたっぷり
舐めてゆくと、
「アッ、イッ、アッ、イッ、イ〜〜〜〜〜〜ッ・・・!」と絶叫し、腰をそり返し
てビクッ、ビクッと身体を震わせます。

 エクスタシーに達した様子の雅代をさらに舌で攻めます。
 今度は、舐めるだけではなく指をアソコに入れて指の腹でアソコの壁を擦りあげ
たり。
 既にグショグショに濡れているアソコに指を出したり入れたりすると、再び腰を
うねらせ雅代が喘ぎだします。

「アハッ、イッ、ウッ、ウッ、ウッ、ソコッ、ソコイイッ!」と感じるポイントを
さらにいじってとねだってきます。
 Gスポットを探るように指でアソコの壁をなぞりあげます。

 やがて、ある一点を探ったとき、
「アヒィィィィィィ!ソコ、ソコイイ!」と身体を震わせています。
 さらにそのポイントをグリグリ、グリグリとこね回すように刺激すると、
「アッ、イイ、イイ、気持ちよすぎ、アッ、ダメ、ダメ、ダメッ・・・!」と、首
を振って喘いだ挙句、背筋を反らし、アソコからピュッと潮(だと思う)を吹きま
した。

 もっとも雅代は失禁したものと思って恥ずかしそうに身体を縮ませています。そん
な彼女に頃はよしとのしかかりました。
 アソコにペニスをあてがい、数回割れ目に沿って擦り上げてなじませます。

 雅代は、(入るかな?)と心配そうな面持ちでこちらを眺めています。
 ズッ、と亀頭をアソコに埋め込むと、
「アッ・・・!」と雅代が声をあげます。
 そのまま、ゆっくりゆっくり沈めていって、アソコに負荷がかからないようにペ
ニスを挿入していきます。

 そして、奥まで突き入れると、
「アッ、入ってる、入ってる、いっぱい・・・」とうわ言の様に雅代が呟きます。
 そのまま、ズルッとペニスを引くと、
「アッ、アァ〜〜〜〜ッ・・・」とシーツを掴み、ブルブルッと身体を震わせて、
喘ぎます。

 ズンと突くと、
「ハゥッ!」と喉を仰け反らせて、息を詰まらせたような声をあげます。
 最初はペニスを馴染ませる為にゆっくりゆっくり動いていましたが、徐々に慣れ
てきた頃合をみて腰の動きを速めました。

「ヒッ!アッ、ウッ、アッ、イッ、イッ、イッ、アハッ、ハッ、イヒッ!」
 呼吸困難を起こしているような声をあげて、雅代は喘ぎます。
「ダッ、ダメッ、イイッ、擦れる擦れる、アッ、ハヤ、スギ、ア
ッ・・・・・・!」

 膣壁がカリでズリズリ、ズリズリと擦られるのが私にもわかります。
そんな状態 で腰の動きを速めたのですから、もう雅代は半狂乱になっていました。
首を激しく左 右に振り乱し、口からは絶え間なく喘ぎ声。
もう、わけが分からないといった感じ で、ただひたすらに私のペニスを受け入
れていました。

「アッ、アッ、アッ、アッ、ダメッ、アッ、イク、イク、イク、アッ、イッ、イ
ッ、クッ、ウゥゥゥゥゥゥゥゥゥ・・・・・・!」
 
ビクッビクッビクッと身体を痙攣させ、身体を反り返らせてエクスタシーを迎え
る雅代。
 挿入からものの5分足らずで早くもイってしまったようでした。

 しかしそれは雅代の話であって、私はまだまだイく状態ではありません。イった
な、と思った時に若干腰の動きを緩めて余韻を感じさせるようにしましたが、余韻
が去ったとみるや、再び腰の動きを再開しました。

 ズン、ズン、ズンと一突き一突き、奥へと届かせるような感じで、腰を使い出し
たのです。
「ハァ・・・ッ、スゴイ、スゴイ、アッ、また、アッ、アッ・・・・・・」
 再開した腰の動きに敏感に反応して、雅代の口から再び喘ぎ声が漏れ出します。

こんな感じで、20分ほど休むまもなく雅代を攻めました。たかだか20分程度ですが、
その間高みに上りっぱなしだった雅代はたて続きに7、8回ほどエクスタシーに達し
ており、流石に少し息切れして一旦身体から離れたとき、雅代は軽い失神状態にあり
ました。

そして、嫉妬心と敗北感を表情ににじませた英樹さんと交代したのです。
雅代は、何度も私のペニスで貫かれた快感の余韻に浸っていましたが、英樹さんのペニスが
入ってくると、「んん・・・」と呻いて反応しました。

しかし、先ほどまで一回り大きいサイズのペニスにアソコを掻き回されていた訳で
すから、反応はどうも今ひとつ。
「ん・・・。ん・・・」と喘ぎめいた声が洩れはするのですが、今一盛り上がりに
欠けます。

 英樹さんもそのことは察したようで、必死になって腰を揺すったり、色々な角度で突い
たりするのですが、反応は相変わらずはっきりしない様子です。
 その内に雅代も失神状態から覚醒し、英樹さんに気が付きましたが、
「・・・ねぇ、突くんだったらもっと激しくぅ・・・」と非情なお言葉。
 英樹さんはますます腰の動きを激しくしますが、矢張り生半可な反応しか返ってきません。

 ここで私はふと悪戯ッ気を起こし、持参したローションを英樹さんのヒップに垂らします。尻に冷たいものが垂れた事に気がついて、英樹さんは挿入したまま腰を止めてこちらを振り向きます。

 その視線にかまわず、私は指にゴムを嵌めて、ローションを英樹さんのアナルに塗りつけ、ほぐしだしました。
「ちょ、ちょっと・・・」英樹さんはうろたえた声を出しますが、挿入しているためかそのままです。

 そして、たっぷりとローションを塗った英樹さんのアナルに、ズブリと指を突き刺したのです。
「・・・おあぁっ・・・!」と声を挙げる英樹さん。同時に雅代も声を出します。
「アッ、凄い、大きくなった、そのまま突いて」
 英樹さんはアナルを私の指に貫かれたまま、腰を動かします。

「アッ、イイッ、イイッ、そのままもっと、もっと・・・」
「あくっ、うっ、んんっ、うっ・・・」
 雅代と英樹さんが、それぞれ声を挙げます。
 そして、出し入れすること5分。限界が来ました。英樹さんはアヌスに指を入れられたまま、
「うっ、んっ、うっ・・・」と呻きながらドピュッ、ドピュッと射精していました。

 同時に雅代も・・・。雅代はここの所英樹さんにいかせてもらって無かったので、しがみついて一緒にいっていました。

 そして、もっとしたいと言い出し、私は英樹さんと交代して雅代にのしかかりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする