2人組の痴漢…朝から快感に溺れて…

2人組の痴漢…朝から快感に溺れて…

最近、よく痴漢にあいます。

って、恥ずかしいけど自分もどこかでそれを待ってたり…w

最初は、ぎゅうぎゅうの状態の電車内で、お尻になんか違和感が…
ん?
って思って、体をひねってよけたかったんですが、混んでてとてもムリ。
駅について、人が乗り降りするときの移動に合わせて体の向きを変えても、
後ろにピッタリくっついてる感じでした。
で、徐々に、お尻をさわさわされていた感触が無くなったかと思ったら、
スカートがスルスルと上がっていく…
(あ!イヤっ…)
声には出しませんでしたが、とりあえずなんとかスカートの前部分はかばん
ごと両手で押さえましたが、後ろはお尻半分まで捲られた状態に。

誰かに助けて欲しいと思う反面、他の人にこの状態を
見られるのが恥ずかしく、両足に力を入れて、なんとかお尻だけで済ませようと
思っていたのですが、両足に力を入れてピッタリ閉じても、付け根部分には
どうしても指2・3本は入る隙間ってできますよね?
痴漢もその辺わかってるみたいで、指が、お尻の方から、足の間の隙間
にグリグリ入ってきて、割れ目をいじり始めました。
もう、下半身が熱くなって、クリに指が当たった時、一瞬身体が「ピクン!」
ってなったのが、後ろの痴漢にも分かったみたいで、それから手を前に回してきて執拗にクリ責め…
もちろんパンストとパンツ越しですが、感じちゃって声を我慢するのに必死でした。

スカートを押さえてた鞄は、何時の間にか痴漢の手を隠すみたいになってて、
もう足にも力が入らなくて、されるがまま状態。
すると、なぜか胸にも手が…
(あれ?)
と思って胸を見たら、やっぱり手が、密着してる前の人の手です。顔は
私の頭上にあって、顔を見ようとしても相手の喉と顎しか見えません。

痴漢は二人組だったみたいです。

二人に挟まれたまま、前の痴漢はブラウスのボタンの隙間から指先を入れて、、左乳首をくりくりしてきて、右胸
は服の上から揉まれて…
後ろの痴漢は、私の両足を自分の足で開かせ、割れ目とクリをゆっくり攻撃。
気持ちよくて、息がはげしくなって、前の痴漢にもたれかかるようにして、されるがままに
なってました。膝はガクガクして、下半身は熱くて、頭はぼーっとして、
お尻も相手に突き出すような形になってたと思います。
声が漏れるのを、前にいる痴漢の胸に顔を押し付けて我慢していました。
(ああ…もう…だめぇ・・・)
って足の間グチョグチョの状態で、自分の乗り換えの駅に着き、どっと人が流れ出て、
自分も鞄で胸元を隠しながら押し出されました。
即効トイレに駆け込み、一人H・・・w
服を直して、鏡を見たら、顔が上気して赤くなってて恥ずかしかったデス・・・

以来、時々(多分同じ)痴漢に合って、朝から快感に溺れてマス・・・w

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする