キスをしたり舌で飴を舐めるみたいに転がしたりされました…

キスをしたり舌で飴を舐めるみたいに転がしたりされました…

私は子供はいない33歳の主婦です。
親友の紗英はバツイチで、中3になる息子のミツルと二人暮らし。
独身の頃から、紗英が仕事で遅い時やデートでお泊まりの時はうちでミツルを預かってました。ミツルは私になついてて、小さい頃からキスとかしてたし、
胸を触られても「子供がする事だから」って気にしてませんでした。
あれはミツルが中1の時です。
紗英がお泊まりデートに行くのでミツルを預かりました。

その日は旦那は急な出張で留守だったから寂しくなくて良いって
思ってました。

当時のミツルは160㌢ぐらいで私は155㌢。背は追い越されましたが、
中1のミツルはまだまだ子供だと思ってました。

だからミツルに「雅子さんと一緒に寝たらダメ?」って聞かれて
「いいよ」って答えました。

ベットに入ってすぐにキスされました。
いつもの事だと思っていたら舌を入れてきたので「ちょ…ミツル」と
顔を反らして抵抗しようとしたら両手をグイッと持たれ、
そのまま首筋にキスをしてきました。

「ミツル、止めなさい、コラ」私は必死に抵抗しましたが、
無言のまま私のパジャマを脱がしてきました。

「まさか。 犯される」と思った時にはミツルは乳首を舐めてました。
「や…ちょ…ミツル」ジタバタ暴れるとミツルに平手打ちされました。
一瞬、怯んだ隙にパジャマの上着で両手を縛られました。

「ミツル。あんた何やってるかわかってんの」と怒鳴ると
「わかってるよ。雅子さんが好きなんだよ。だからさ…やらせてよ…」
そう言うと再び乳首に吸い付き、胸を揉みながら下着に手を入れました。

「ダメよ。そんなの…離して」私の言葉を無視してミツルは確かめる様に
下半身をまさぐります。

恥ずかしい事に濡れていました。
ミツルはニヤリと笑うと「雅子さん気持ち良いの」とクチュクチュとわざと
音をたてる様に触ります。

無言で耐えてましたが、クリを探り当てられて「あっ」と声が出てしまいました。
「ここがクリトリス」とミツルは指でその部分を弾いたり撫でたりと執拗に
責め立てます。

「やっ…はっ…ダメだって…ミツル…」気持ちとは裏腹に鼻にかかった
甘えた声が出てしまいました。

ミツルはチュウチュウと乳首を吸いながらクリトリスを責めるから「やっいっイク」と
言っていってしまいました。

ハァハァと息も絶え絶えな私にミツルは「いっちゃった」と愛液で濡れた手を
見せつけながら舐めて「美味しい」と笑いました。

「ミツル…これは好きな人としなくちゃダメなのよ」
ミツルに止めさせる様に言うと「口でしてくれたら止める」と言いました。
それで私が口でしてあげてると「うわっ…雅子最高…気持ち良い…」と
すぐに口の中に出しました。

「飲んで」と言うから全部飲んで「もう良いでしょ。ほどいて」と
手を差し出すと「雅子も気持ち良くしてあげるよ」と、あっという間に
ズボンを脱がして足の間に入り、顔を埋めてきました。

「ちょ…ミツル」「雅子のおまんこ…」ミツルは私の訴えを再び無視して
指で割れ目を拡げてペロリと舐めました。

「ここがクリトリスでしょ。プクってなってる」と言いながらチュッと
キスをしたり、舌で飴を舐めるみたいに転がしたりされました。

穴にも指を入れて出し入れしたりして…。
いったばかりで敏感になっていたから「やっ」と言った途端に
潮をふいてしまいました。

「えっ。これってもしかして潮吹き」とミツルは喜んで更に激しく
責めてきました。
私は頭が真っ白になって「あぁ〜いぐぅ〜」とか、
はしたない声を上げていってしまいました。

グッタリした私の中にミツルは入ってきました。
ミツルが入れる直前にハッとして「それだけはダメ」と叫びましたが、
準備万端でヌレヌレのアソコはミツルのアソコをスンナリと
受け入れてしまいました。

旦那よりも小さなミツルのチンコは私のには小さかったけど、
硬いモノが入っているのは判りました。

「雅子の中…気持ちいいよ…」ミツルは激しく腰を振り「中はダメ」と
言ったのに中に出してしまいました。

こうしてミツルの童貞を私は×××とゆう形でいただいてしまいました。
それから放課後に家に来ては毎日のようにハメられています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする