乳首をひねって引っ張りながらオマンコに3本の指を・・

乳首をひねって引っ張りながらオマンコに3本の指を・・

27歳の主婦です。私の性癖を投稿します。
昨日は大変な風雨で、家事を今日に回してしまったので午前中は大変でした。
汗を掻いてしまって、久しぶりに昼間にシャワーを使いました。
脱衣場の鏡に映る上半身を見ると、紐で縛った痣の痕がおっぱいの根元に見えました。
乳首も常に飛び出ていますし、自分でも淫らな体だと思いました。
一昨日の夕方、乳首をタコ糸で縛り、ノーブラにブラウスを着て、家から少し離れた小さい八百屋さん(農家のおじさんがやってる、路地売りのお店)へ行ってきました。

以前から、お店にはおじさんしか居ないのが分かっていましたし、コンビニとかファーストフードで露出したい気持ちがあるのですが、まだ少し勇気が出ませんので、そのお店なら頑張れるかもしれないって思ったからです。

お店には2、3人の主婦がいました。
その人たちにはなるべく背を向けるようにして野菜の品定めをしながら、店主のおじさんの方へ体を向けました。
最初は気づかなかったみたいでしたけど、他のお客が帰ってしまうと、私の姿を見て目を丸くしました。

それから目を細くしてニヤニヤ笑いました。
何だかすごくいやらしい目つきで、私は本当に恥ずかしい思いでしたけど、でも胸は高鳴るし、縛った乳首は疼いてチリチリしてきました。
あんなに興奮したのは久しぶりでした。

「いい乳してるな、奥さん」とおじさんは声を掛けてきました。

おじさんは目の前に立って、私の顔とブラウスに浮いた乳首を交互に見ていました。
何も答えられなくて立ったままでしたけど、それだけでも軽いエクスタシーを感じたほどです。

とくに買う物があったわけではありませんが、大根とお茄子、それに甘夏を買いました。
お茄子を袋に入れる時、おじさんは私を見ました。
まるで『これを何に使うんだ?』みたいな顔つきでした。

帰りの車の中で、ブラウスのボタンの隙間から指を入れて縛った乳首を引っ張ると声が出ました。
帰り際におじさんが言った、「またぜひ来て欲しいな」という言葉が忘れられず・・・。

今まで積極的に野外で露出したいなんて思わなかったのですが、八百屋のおじさんに見せた時の強い刺激が欲しくなって、また行ってきました。
路地売りのお店は午前中と夕方が混むようなんですね。
まあ、主婦しか行かないお店なのでその時間が混むと思うのですが、だからその時間を外して出掛けました。

この前はたこ糸で乳首を縛っていきましたが、今回は何もしないでノーブラにベージュのブラウスを着ました。
下は前に深いスリットのある濃茶のミニスカートです。

車をお店の横の空き地に停めた時、奥に停めた軽トラックの荷台を整理しているおじさんが見えました。
おじさんはこちらへ顔を向けると、すぐ私が分かったようでした。
急にニヤニヤとしていやらしい顔になりました。
エンジンを止める間に、おじさんは前掛けで洗った手を拭きながらこちらへ歩いてきました。
他のお客は誰も居ませんし、そうして近寄られる時の思いは、すごく新鮮な興奮でした。

ドアを開けて片脚を出した時、おじさんの目は私のミニスカートに向かっていました。
膝上15センチくらいの丈ですけど、スリットはもっと深いので、出した脚の太腿は露わでした。
そんな太腿を見られてすごく興奮しました。

「いい腿してるなぁ・・・」とおじさんは言いました。

この前は、「いい乳してるなぁ」と言われました。

『乳』とか『腿』とか、おかしい言葉ではないのに、おじさんに言われると、とても卑猥に聞こえました。
その言葉に恥ずかしくなって、俯き加減に車を降りてドアを閉じると、すぐブラウスの胸を見られているのが分かりました。
それもそのはずで、ベージュのブラウスは案外薄手で、乳首が尖っているのがはっきり見えていました。

「いい乳首してるなぁ・・・摘みたいくらいだなぁ」

おじさんはブラウスに映った乳首を見つめて言いました。

「あの、お店の方へ・・・」

「ああ、どうぞどうぞ」

お店へ入っていくとおじさんも後ろについて来ました。
後ろからお尻を見られているのが分かりました。
あんなに間近におじさんの視線を受けて、恥ずかしくてたまらないのに、おまんこはもうトロトロでした。

「尻もいいなぁ」

また、おじさんの声がしました。
その言葉に応じているとおかしくなってしまいそうなので、無視して新鮮なお野菜を眺めました。
お野菜は木箱やプラスチックのコンテナに入れられ、それが地面に並べたブロックに乗っていました。

目を移していくと、スライスにすると美味しそうな新玉葱がありました。
息子も大好きなんです。
私は幾つか手に取ったのですが、うっかり落としてしまったんです。
玉葱が二つ、ブロックの間に転がってしまいました。
私は慌てて、膝を少し曲げただけで屈み、手を伸ばして拾いました。
でも、その格好を奥の木机の前に座っていたおじさんが見ていたのです。

ちょうど真後ろにいたおじさんにお尻を突き出した格好でした。
おじさんの目が太腿の裏やお尻を見ていたのを知って、私の子宮がキュンとなりました。
故意にそんな格好をしたのではありません。
でもおじさんは、私が故意に玉葱を落としてそんな格好をしたと思ったかもしれません。

「奥さん、いつもそんな格好してるのかな?」

おじさんが尋ねてきました。
何て答えたら言いか分かりません。
でも、「いつもじゃありません」と答えてしまったんです。

「じゃあ、ここへ来る時だけかな?」

そう尋ねられて、答え方が間違っていたのに気づきました。
確かに、そんな姿で外に出たのはこの八百屋さんが初めてです。
本当のことを言い当てられたことに私は辱めを受けているような気持ちでした。

「いつもその格好で来て欲しいね」

「・・・恥ずかしいわ」

「奥さんだって見られたいんだろ。見てやるよ」

私はおじさんの恥ずかしい言葉でしゃがみ込んでしまいました。
しゃがんだ時、太腿と上半身に挟まれたおっぱいが挟まれて、少し声が出てしまいました。

「きっと、いいオマンコしてるんだろうな」

後ろでおじさんの声がしました。
恥ずかしい部分を見られ、その上言葉責めみたいな辱めを受け、顔も上げられない恥ずかしい思いをしたのに、あんなに強い興奮と刺激を感じたのは最近はないことでした。

昨日、また露地売りの八百屋さんへ行き、おじさんに言葉責めをされながら恥ずかしい格好を見られてきました。

昨日はワイン色のシャツにミニスカート姿で出掛けました。
シャツの襟はU字カットが大きくて、お辞儀をするとオッパイの谷間が見えてしまうのを承知していました。

ミニスカートの裾丈はこの前と同じ、膝上15センチくらいですが、前スリットはもっと深いものです。
おじさんのお店は5、6坪くらいで、奥に木机と椅子が置いてあります。
その奥にカーテンが引いてありますが、そこは裏のテント倉庫に繋がっているようでした。

私が行ったのはお客の少ないお昼過ぎでした。
おじさんは奥の椅子に座ってラジオを聴いていました。
私が店内に入っていくと、おじさんは頷きながら、すぐにいやらしい笑みを浮かべました。
陽に焼けた頬を緩め、鼻を膨らませ、煙草の脂で汚れた歯を見せました。
ハンサムとは言えない顔ですが、その表情を見ると私はどこかが疼くんです。

「今日も乳が良く見えるな。飛び出てるのが分かる」

乳首のことを言っているのです。
おじさんのお店へ出掛けようと思った時から、乳首は尖ったままでした。

「いつも乳首を尖らせてるんだろ?奥さん」

私は言葉なく店先に立ったままでした。

「まあ、こっちへ来て座ったら良い」

おじさんは木机の前に並んだ椅子を指差しました。
椅子はおじさんと向かい合っていました。
おじさんの正面に座ると恥ずかしくて膝が震えました。
でも体は熱くて、おまんこもヌルヌルになっているのが分かりました。

「わしもばあさんが死んでからご無沙汰だからな」

セックスのことを言っているのが分かって、私は呼吸が激しくなりました。
おじさんが私をセックスの対象として見ているのが分かったからです。

「そんな助平な格好して・・・」

おじさんは嬲るように言い、私を見つめ、それから煙草に火をつけました。

「奥さんも見せたいんだろう・・・違うのかな?なら、乳を見せてくれないかな」

「そ、そんな・・・」

「脱がなくても、ほれ、襟の隙間から見せてくれたらいい。乳を揺すってな」

ああ、何ていやらしい言葉でしょう。
でも、おじさんの言葉に操られるように私はフラフラとしながら腰を屈めてしまったんです。
上体をおじさんの方に傾けた途端、おじさんの視線を一層強く感じました。
オッパイの谷間は絶対見えたはずですし、きっと乳首も見えてしまったでしょう。

「重たそうな乳だな・・・助平な乳だ・・・揺すってみな」

すごい屈辱を感じながらも私は上半身を左右に揺り動かしました。
シャツの中でオッパイがタプタプ動いてぶつかり合いました。
尖った乳首が生地に触れてピリピリしました。
私は目を開けているのが恥ずかしくて、硬く目を閉じました。

その時でした。
揺れる胸を掴まれたのです。
目を開けると、おじさんの手が伸びていました。
驚きと、少しの怖さと、強い刺激・・・。
私は拒む言葉一つ出せませんでした。

おじさんは初めは柔々と揉み、それからオッパイの付け根を搾るように掴んできました。
それは紐を使って縛る快感とは違いました。
男性の体温を感じる、すごく扇情的な快感でした。
声を押し殺すのが精一杯でした。
すぐ乳首を捕らえられ、縒られるように捻られました。
下へ引っ張られるとズキズキした快感が走りました。

「助平な乳首して・・・いつもこんなに尖らせてるんだろ?」

私は首を振るしかできませんでした。

「違うわけがない。股だって広げてるじゃないか」

少しでも抵抗しようとしたために、気づかないうちに膝が広がっていたんです。
目を落とすとミニスカートの裾は太腿の半分以上捲れていて、スリットの一番深いところはピンクのパンティが覗けていました。

「お願いです、よしてください」
「心にもないことを言って。見せたいんだろう、奥さんは?パンツだって見せてるじゃないか」

「ああ、ひどい・・・」
「まあ、今日はやめてやろうか。だけどな奥さん、また見せたくなって、きっとここへ来るだろ」

「・・・」
「今日だって、こうなりたくて来たんだろう・・・違うか?」

私は何も答えることが出来ないまま席を立ちました。
お店を出る時、おじさんに振り返ってお辞儀をしてしまったのが不思議に思いました。

家に戻ってからシャワーオナニーをしました。
シャワーを使いながらおじさんに弄ばれたオッパイを虐めました。
乳首をひねって引っ張りながらオマンコに3本の指を使うと、気が遠くなるエクスタシーに包まれました。

もうおじさんのお店に行くのはよそうと思っています。
でも、おじさんが言ったように、また行ってしまいそうな気がします。
今度、おじさんのお店へ行ったら、きっと昨日よりもっとひどいことをされるような気がするのに、心のどこかにもっと辱められたい気持ちがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする