シートを倒され私は四つんばいにされると・・

シートを倒され私は四つんばいにされると・・

私は37歳の主婦です。
主人が約2ヶ月ほど入院していたとき、パート先の店長と浮気したことがあります。私より若く当時30歳くらいの独身の店長で、普段からお尻を触ってきて「いいケツしてるなぁ」とかいうのてで、私も「もっと若い子の触ってください」とか、「エッチさせてよ」とか言われても、「店長じゃ私は満足できないもん」とか言い返せる相手でした。
正直、その頃は主人とは一日おきにはしており、今も週に2回はしてます。
一ヶ月ほど入院が過ぎた頃私は一人で慰め、主人の退院を待ってたのですが、満足できなくなってきているとき、入院中の主人が「口でしてくれ」と言ってきて、口でしました。
溜まってる精液は凄い濃いものでした。

久しぶりに見た主人のアソコを見ただけで、私は興奮して欲しくなるくらいでしたが、病室ではどうしようもないので我慢しました。
主人も私のスカートの中に手をいれ、下着の横から指を入れられ私のアソコはグチョグチョになってました。

主人が口に射精し私の股間をまだいじってるとき、病室の入り口のほうで「吉田さんのベッドはどこですか?」と聞こえ、すぐに店長だと私はわかり、主人に毛布をかけ、ゴクリと飲み込みカーテンをあけ、「店長わざわざすみません」と主人に紹介し、少しすると面会時間が終わる時間でした。

店長が帰り、私も帰ることにして病院を出ると、店長が車で待っててくれました。
そのまま送ってもらうことになりました。

車の中で、「吉田さんイケナイことしてたでしょう、口紅だけ取れてますよ」と笑いながら言われ、「主人が溜まってたみたいだから」と笑って答えると、「キスじゃないの?」と驚かれました。

「違いますよ!」と笑って答えると、「私が行かなかったら病室で本番したんですか?」というので、「それは無理よ、主人が満足して終わり、私は我慢です、誰か誘ってくれたらついてくわ」というと、店長が「俺としましょうよ」

いつものことだと思い、「本当にそんなことだけ相手をしてくれる男がいたらなぁ」と言うと、急に車を止め店長が胸を触ってきました。
普段も触られたりしましたがそのときはブラの中に手を入れ直接乳首をいじられました。
いつもと違う店長に「ちょっとこれはやりすぎだよ」と言うと、「吉田さんと本当にしたいんだよ」と言われ、私は「冗談じゃなかったの?」というと、キスをされました。

凄いキスでした。
店長が私としたいというのがわかりました。
シートを倒され私は四つんばいにされると、一気に下着を下げられ、アソコを舐められ、お尻まで舐めてもらい、それだけでイキました。

店長がベルトを外す音が聞こえ、下にクッションを並べて私を四つんばいにし、バックでしました。
声を殺していると、「誰もいませんよ」と言われ声を出しました。
主人よりも10歳も若い店長は硬くて熱いもので最高に気持ちよかったです。

何度もイキ、店長も射精し車に乗ると、「店長、凄いね」というと、「吉田さんも凄かった」
と言われエッチの話で盛り上がり家に到着すると、店長がもう一回やらせてというんで寝室で2回戦をしました。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする