イクっ、イクゥ…あたしイッちゃってるのぉ…

イクっ、イクゥ…あたしイッちゃってるのぉ…

亜樹は彼と東京&鎌倉へ1泊2日旅行をしました!
泊まったのは安いビジネスホテルでした。
私がお風呂から上がったら、彼はすぐに私のことを抱きしめました。
急のことで、私は抵抗しました。
「だめだよ、まだ体が濡れてる」
「いいんだよ、そんなの。……もうがまんできないよ」
「声が聞かれちゃうからだめ」
(ドアが薄くて、中の声が聞かれそうな感じだったのです)
「いいじゃん。愛し合ってる声、聞かせてやれよ」

彼は、私の体全部にキスをしてくれました。 そして、私の足を開かせて、アソコにもキス。

「恥ずかしい」

「見せて……おまんこ、見せて」

そして、彼は私のクリトリスを舐め始めました。

「あんっ、ああ…」

思わず声が出ました。

最初は恥ずかしがっていた私も、だんだん気持ちよさに力が抜けていきます。

充分に私のアソコが濡れると、彼は、指を入れてきました。

「あっ…ああん……」

私のクリトリスはとても感じやすく、強く刺激されると痛いくらいに なってしまうので、彼は繊細な動きで舐めてきます。

そして、ちらちらと私の感じてる顔を見るのです。

恥ずかしくて、手で彼の顔を覆うようにして、私は言いました。

「いやっ…そんなに見ないで…」

「見せて…感じてる顔、見せて…」

「ああん…、あっ、やあん…」

どんどん彼の動きが激しくなっていって、くちゅくちゅといやらしい音が聞こえてきます。

「そんな音、立てちゃ、いやあ…」

「自然にたっちゃうんだよ」

恥ずかしくて、でも気持ちよくて。

アソコが熱くなっていきました。

「あっ、あっ、イッちゃうっ、あっ、はあっ、イク、イクッ、ああんっ、 あっ、もう、クリトリス、痛いっ」

私はイクと、クリトリスがすごく痛くなるんです。

感じすぎちゃって、痛くなってしまいます。

私がイクと、彼は「咥えて、俺の…」

って、私に咥えることを求めてきました。

私は夢中になって舐めて、咥えて、彼の感じるところを撫でました。

だってこんなに舌と指で感じさせてくれるんだもの。

「おおっ、いい…。ああ……もう、我慢できないよ…」

そして、彼のが私の中に入ってきました。

私は正常位が好きなので、いつも正常位です。

「あんっ」

私はできるだけ声を我慢しました。

ベッドのスプリングがやわらかく、彼が突いてくるとぴょんぴょん体がはねてしまって、いつもと違う感じでした。

いつもよりゆっくりで、逆に私は奥がうずくような感じでした。

アソコの感覚だけに支配されて、彼の硬さを感じていました。

「んっ、ああん、ああん、あっ、いいっ…最高っ」

「最高でしょう?俺の」

「うん…いい…ああんっ」

どんどん突いてくる彼。

私のアソコが締まってくるのが自分でも分かりました。

そして、何度も何度もイキました。

「あっ、イクっ、イクゥ……あたし、イッちゃってるのぉ…」

「イッちゃってるの?」

「うん、うん、あっ、またっ、ああーーーーん」

「おお、すごい締まり…気持ちいいよ…」

私がイクと、彼はもっともっと突いてきました。

「オレもいくよ」

「うん、きて。一緒にイクのぉ…」

最後、彼はすごい勢いで突いてきました。

パンパンと音がするくらいに。

二人、一緒にイキました。

彼のアレは、イクときにすごく硬くなって、気持ちよくって、いつも頭の中が真っ白になってしまいます。

「ああーーーーーっ、イク、亜樹ちゃん、イクよー」

「あん、んんーーーーーーっイクーっ」

終わった後は二人で抱き合いました。

彼は背中を撫でてくれました。

それがすごく気持ちよくて、うとうとしてしまいました。

「亜樹ちゃん、寝ちゃったの?」

「んん?うん」

って。

そしたら彼がまた興奮してきたって求めてきたんです。

で、もう1回愛し合いました。

彼とのエッチはいつもいつもすごくいいんですけど、こういう旅行のときのエッチって燃えますね。

今思い出しても興奮しちゃう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする