大学の講義中に一番後ろの席で彼女に手コキをさせて・・・

大学の講義中に一番後ろの席で彼女に手コキをさせて・・・

大学の講義のとき、俺はいつも俺の彼女と、隣一緒になって座っている。
大学の講義室は、机が長く連なった状態になっていて、彼女と密着して隣の席に座れることができた。
そんなある日のことだ。
その日は、一段とつまらない講義だった。
そんなときは、携帯のメモ帳に文字を打って、それを彼女に渡したりして会話を楽しんでいた。コソコソ話すと、講師に注意されるし、メールをしたらお金がかかるからだ。

俺はいいことを思いついた。
さっそく携帯のメモ帳に文字を打って彼女に渡す。
そこにはこう書いた。
『ねぇ、今ここで、手でやってくれない?
ムラムラしてきた』
彼女はビックリしたようにして、こちらを向き、
また携帯に目を戻して、文字を打ち込む。
それを俺に渡す。
『ばれちゃうよ! それに恥ずかしいし……』
『大丈夫だって! 後ろの席なんだからみんな気づかないって』
俺たちは一番後ろの席に座っていたので、好都合だった。
有無を言わさないよう、俺はズボンからアソコを出した。
彼女はあたりをチラチラ見回すようにして、しぶしぶといった感じで俺のアソコに手を伸ばした。
冬だったので彼女はジャケットを着ており、ストロークするごとに、ジャケットの擦れる音がしていた。
その音に何人かが気づいたようで、こちらを振り向いていた。
だが、俺のアソコは机の下に隠れていて見えないので大丈夫だ。
「なんか、見られてない?」
彼女がささやく。
「気のせいだろ」
そういって誤魔化す。
そのとき、遅れてきた生徒が講義室に入ってきた。
俺たちはちょうど後の席で、その講義室の入り口のドア近くに座っていた。
その生徒に、彼女が手コキしているところをモロに見られてしまった。
彼女は「どうしよう」と困惑な表情を浮かべていた。
しかし、俺はまったく萎えずに「続けて」といい、ストロークを開始させた。
そろそろ、イキそうだ。
そうささやくと、彼女はうろたえて「ティッシュがないよ」という。
俺は「このまま出そう」という。
そして、射精しそうになり
「出るっ」
というと、彼女はあわてて、ルーズリーフ(講義のノートにしていた)を俺のアソコにかぶせた。
出終わったことを見計らって、彼女はルーズリーフを俺のアソコからはなすと、ネットリとした精液がのびた。
「ノートが見れなくなっちゃった」
と彼女は残念そうに笑った。
今度はフェラをさせるつもりだ。とても楽しみだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする