じゃあ今度は後ろからぶち込んでやろうか?

じゃあ今度は後ろからぶち込んでやろうか?

実は俺の女房は、友人と浮気している。
と言うより、元々は俺がきっかけなのだが。
今年の春頃、自宅で友人の和典とその奥さん和子さんと酒を飲んだとき、皆相当酔っ払って、スワッピングの話題になった。
俺の女房は以前から興味が有ったみたいで、目を輝かせ話に乗ってきた。
和子さんは恥ずかしそうにしながらも、まんざらではないみたいで、最初は夫婦でやった後
交代してみようと言うことになり、別々の部屋でHした。
女房とお決まりのコースでHした後、和典達も終わったみたいで、俺と和典がお互いの部屋をチエンジした。

和典の奥さんは恥ずかしそうに布団に包まっていたが、酔いも手伝いどちらからとも無
くキスした。
奥さんは女房と違い、スレンダーで抱き締めると折れそうで、興奮した。
俺は持ち物には自信が無いのだが、その分テクニックでカバーするタイプ。
それなりに奥さんも大声でよがり、満足し隣の部屋を覗きに行った。

そーっとドアを開け見てみると、女房がフェラの真っ最中!
和典の上に後ろ向きに跨り、ふんふんと甘い鼻息を漏らしながら、俺の倍は有ろうかと
いう和典のちんぽを…

嫁「凄いわ、和典さん…おっきいし硬い!…ああ…」
和典「奥さんのあそこも美味しいですよ!どうですか、そろそろ…舌の口でも?」
嫁「ああ…怖いわ…入るかしら…こんなにおっきいの…」
和典はゆっくりと体を入れ換えると、覗いていた俺に気が付いたが、目で合図をし女房
に巨大ないちもつを埋め込んだ。

嫁「あああ…きっつうーい…壊れちゃう…あああ…」
和典「ふふふ…大丈夫ですよ…これだけ濡れてりゃ…ほらもう根元まで…」
嫁「あああ…こんなにおっきいの…はじめて…ああ…すごい…」

その後はもう、ア行の大絶叫!
女房の初めて聞くよがり声、のどがからからに乾き、口を開けたまま見入った。
和典は勝ち誇った様に腰を使い、女房を数え切れないほどいかせた。
その時突然、和典の奥さんが乱入してきて…

和子「もうやめて!…お願い!…こんなのっておかしいわ!」
和典「何言ってるんだ!…お前もあいつと楽しんだんだろう?」
和子「違う!あんなのSEXじゃないもん!ちっとも良くなかった!」

おいおい…俺の立場が無いじゃない…
和典はそのやり取りの最中も女房から引き抜く事無く、がんがんと打ち込み続けた。
女房はそんなのお構いなしに、あんあんと声を上げ続けた…
ようやく和典も放出を終え、何だかお互い気まずくなりお開きにした。

2人が帰った後…

俺「どうだった?…お前すっげえ声出して…良かったか?」
嫁「…うん…良かった…もう何が何だか…和典さんの…おっきいんだもん…
あんなの入れられたら誰だって…」
俺「俺とするときより…感じた?」
嫁「ごめんなさい…だって…」
その夜は眠れなかった…
その後である…取り返しのつかない事に成ったのは…

その一件以来、和典とは何だか以前のような付き合いが出来ず、夏が来た。その日は急
に飲み会が有る事になり、汗を掻き捲くって気持ち悪かったので、着替えに帰った
とき…

見覚えの有る車が車庫に…チャイムを鳴らさず、こっそりと家に入ると、寝室から
女房のよがり声が…嫁「あああ…いい…いいわ和典さん…」
俺は怒りに震え、飛びこんだ!俺「お前達何やってるんだ!」和典「………?」
嫁「…あなた!?…どうして?…」

二人とも素っ裸で、クーラーをがんがん効かせ女性上位で励んでいる最中…びっく
りした顔でベッドを降り、弁解した。
俺は何が何だか判らず、とにかく和典を殴ったのは覚えている…もう会社の飲み会ど
ころでは無く、急用で帰宅する旨を伝え、二人に問いただした俺「何時からなんだ?」

和典「すまん…あれから…奥さんから電話が有って…」嫁「ごめんなさい…忘れられ
なくて…でも…あなただって悪いのよ…」
俺「何で俺が悪いんだ!…あの時とは違うだろう…これは浮気だ!」
和典「じゃあ…お前…奥さんを満足させてやってるのか?…だったら電話なんて掛
けて来ないだろう?」
俺「…お前…不満なのか?」
嫁「だって…もう…あなたのじゃ物足りない…」

和典「とにかく…誘ったのは奥さんのほうだからな…俺はボランティアなんだよ!」
そう言って和典は出て行こうとした…
嫁「待って!…和典さん…いや…もう貴方無しじゃダメなの…」
自分の耳を疑った…
俺「お前…何言ってるんだ?」

嫁「だから…私もう和典さんのおちんちんじゃないと…おっきいのじゃないといけな
いの!…あなたの子供みたいなんじゃ満足できないのよ!」
和典「はっはっはっは…そりゃないよ奥さん!…言い過ぎじゃないの?」嫁「いいの
よ…もうばれちゃったんだし…本当にそう思ってるの!」

俺は愕然とし体から力が抜けていった…女房は平然と裸になると…嫁「じゃあ…
もう隠れて会わないから…見ていて…さあ和典さん…お願い…」
嫁も和典も開き直り、素っ裸になると俺がショックで朦朧としているのを良い事に、大
胆にも目の前でSEXをはじめた。

嫁「あああ…さっき途中だったから…体がうずいて…ねえ…おちんちん…いっ
ぱいしゃぶるから…いっぱい頂戴…」

猫なで声で媚を売りながら、激しく音を立て和典の巨根をしゃぶった…
和典「しょうがないな…淫乱な奥さん…まっ旦那が悪いんだ…俺が代わりに満足さ
せてやるよ…ふふふ…」

それにしても女房の奴、うまそうにしゃぶる…俺のはあんなに念入りにやった事な
ど無いのに…まあその前にいきそうになるからなんだけど…くやしい…

嫁「あああ…和典さん…おっきくなったよ…もう…頂戴!」
和典「じゃあ今度は後ろからぶち込んでやろうか?…ん…奥さん…さあ…ケツを向
けて振ってごらん…いつもみたいに…」

女房は言われるまま、後ろ向きになまめかしく腰を振りながら…
嫁「あん…お願い…早く…おっきいの頂戴…奥まで…早く…ぶち込んで!」
和典は高笑いしながら、嫁の手首ほどのいちもつを一気に…嫁「あああ….いい!…
これ…これが欲しかったの!…最高!…」

俺は不覚にも興奮を覚え、勃起したまま魅入った…

嫁「あん…あん…いいっ!…いいの…奥まであたって…いいっ!…ねえ…
あなた…見て!…私…いいの…ごめんなさい…すごくいいの…あなた…
見て…おっきいのが…入っているでしょう…ねえ…あなた…あああ….」

もうどうでも良かった…俺は自分でしごきながら目の前の痴態に魅入った…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする