オレが彼女を他人の男に抱かせるようになったきっかけの話

オレが彼女を他人の男に抱かせるようになったきっかけの話

大学時代に1人暮らしをしていたオレの部屋で、彼女の淳子と、サークルの友達2人
(タカとカズ)と飲んだときの話です。
淳子は見た目清楚な感じだが、飲むとけっこうはじけるやつだった。
淳子はその日の昼間、オレの家で一日くつろいでいたのでノースリーブに短パンの
部屋着だったが、それがいけなかったのかもしれない。
友達2人が、チラチラと彼女のノースリーブ姿に視線を送っていたのはよく覚えている。
実際、彼女のはじけんばかりの胸のふくらみには、見慣れている彼氏のおれでも
目をやってしまうほどだった。

酔った勢いでタカはちょくちょく彼女の手やふとももを触っていた。
カズはカズで彼女にジャンケンで負けた罰ゲームと称して、彼女の股を両手で開かせたり、
胸に顔を近づけて匂いを嗅いでいたりしていた。

盛り上がりながらも、二人の友達に彼女をおさわりされているうちに
嫉妬と興奮がこみ上げてきた。

オレは4人の中でも酒が弱くそのときには、盛り上がる3人を傍観している立場だった。
淳子は2人に進められるままに酒を飲んだ。もう、当然のようにタカとカズの手が、
自分の股近くに置かれている状態をなんとも思っていないようだ。

酒で気分が悪くなっていたが、オレはタカの時折みせたマジな目を覚えている。
というのは、奴は淳子の事がとても気に入っていたらしい。
今にも淳子の胸を揉みしだきそうなタカの興奮の在り様は、淳子の酔いに任せた
無防備な姿とオレへのあてつけからくるちんぽだったのだろうか。

まあこんな美人がこんな姿でこんな状態でいたら誰でもそうなるか、
と思っていると・・・カズが、まるで何もしていないかのように、
短パンの上から淳子の股をまさぐりはじめていた。

3人は笑顔で話しを続けるも、しかしカズの手は淳子を犯し始めている。
タカはそれに気付いていた。自分もとばかりに、タカは淳子の太股に添えていた手を
動かし始める。

さらに、タカのその興奮の矛先は淳子の胸に向かう。
タカはふざけている様に、左手で淳子の背中をさすり始め、背中を廻り、
ついにタカは淳子の左胸を捉えた。

カズが変顔をすると淳子は狂ったように笑っていた。
タカも同様笑ってはいるが、本気ではない。
タカは、場が盛り上がる事に便乗して淳子の胸を揉みしだく事でいっぱいのようだ。

淳子はいつの間にかタカの左腕によりかかるような体勢にさせられていた。
タカとカズの淳子への行為は徐々に露骨になってきた。
タカとカズはオレがすでに眠っていると思っているのか、全く気にする様子はなかった。

淳子は完全にタカに寄りかかる状態にされ、タカは淳子の胸を両手で揉み出した。
「ちょっ、ちょっとやだ〜」
その淳子の緩い抵抗はタカとカズの本能を刺激した。

タカは淳子のノースリーブを肩紐から下げ、淳子の豊満な胸を曝け出した。
同時にカズは、淳子のその短パンの上からでも伝わってくるむっちりした尻を
拝もうとしている。

腹の部分にその機能の半分を失ったシャツを残し、淳子のほぼすべての肌が露出している。

タカは理性を失ったかのように淳子の胸に夢中になっている。
一方カズは笑顔のまま「すごい胸だね淳子」といいながら淳子の陰部に指を入れ始めた。

オレはエスカレートしていくこの状況に感じたことのない興奮を覚え、弄ばれている
淳子を見守っていた。

淳子の抵抗は無意味、否、その弱々しいちんぽゆえに誘っているようにも伺えるちんぽだった。
だが継続される淳子の抵抗に、彼氏としてオレは嬉しさを覚えた。

それもつかの間、タカとカズの執拗な弄りに、淳子の小さな吐息が徐々に喘ぎに
変わってきた。それとともに、タカとカズへの抵抗はなくなっていった。

そのとき、世間では清楚のイメージをもたれている淳子の乳房には、
タカのちんぽが押し付けられ、股間にはカズの顔が埋められていた。

カズは淳子を四つん這いにし、ついにちんぽを淳子に突き刺した。

淳子は、カズに後ろから激しく突かれ、タカには胸を揉まれながらちんぽを
口に含まされていた。

カズに先ほどまでの乗りの良い雰囲気はなくなり、淳子の尻を激しく叩きながら、
指を淳子の尻に差し込んでいった。

淳子は痛かったのか手で払おうとしたが、タカに腕を捕まれ、ついに体中を
むさぼられる事になった。

タカとカズは、イク寸前になっては交代し、欲望の尽きる事のない彼らの行為は
永遠に続くとさえ思われた。

ひとしきり淳子を堪能しきったのか、タカとカズは淳子の胸と顔に体液を飛ばした。
彼らに犯された後の淳子は今までに無く妖艶なカラダに見えた。

タカとカズは我に戻ったのか淳子についている体液を拭い、服を元に戻していた。
オレはコソコソと帰る二人に気付かない振りをしてやり過ごし、淳子に毛布を掛け、
そのまま眠った。

朝起きると淳子は台所にいた。
「おはよう、もうすぐ朝食ができるわ」

淳子の言葉に耳を貸さず、オレは昨日激しく犯されていた淳子の尻を見つめていた。
なぜか怒りにも似た欲が湧き上がり、昨日カズが脱がした淳子の短パンをずりおろした。
そのまま昨夜の事を思い出しながら淳子をバックで犯した。

その後、オレは淳子にミニのスカートと胸が強調されるシャツを着せ、
タカとカズのいる大学へ向かった。

オレが淳子を他人の男に抱かせるようになった、きっかけの話でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする