私の目の前で他人の巨根が妻のマンコにスッポリ収またんです

私の目の前で他人の巨根が妻のマンコにスッポリ収またんです

スーパーの買い物ツアーに当選し、仕方なく妻に同伴すると、同年代の倦怠期夫婦と意気投合し、思わぬスワッピングに発展しました。互いに40歳同士でマンネリ倦怠感で刺激を欲しがリ、思惑が一致したんです。
妻も覚悟を決めエッチな下着を用意していました。明日が実効日の前日です。
突然、「申し訳ない家内勤め先の上司が亡くなり、明日どうしても家内は葬儀に参列しなくてはいけない」と言って来たんです。
それを聞いた私は がっくりでした。
キャンセル料は当方でと言ってくれましたが、一応それはそれはと言って納得の返事をしたんですが、どうにも残念で仕方ありませんでした。

妻にその事を伝えると、少しの安堵感と残念の顔が交差していました。
試しに妻に3Pでもいいかと聞くと、え~三人でと?聞くので、そうだよと言うと、あなたが辛いんじゃないのと言うのです。

「あ~向うの奥さん魅力あったしな~」と妻は言いました。
私は、仕方ないさ、といい、それに今からキャンセルしたら100%取られるし勿体ないよと付け加えたんです。

妻に、向うの都合だから、気分乗らなきゃ温泉楽しむだけでもいいよと言ったんです。
「分かったわ 行くって返事していいよ」と妻が言ってくれました。

折り返しそのことを伝えると そうですかと丁重なお礼が返って来ました。
旅行日は駅で旦那さんと待ち合わせました。

妻は少し緊張で顔をまともに見れないようです。
新幹線で温泉地に向かいます。三人掛けの座席に妻を真ん中にしました。車内でビールを飲むと妻の緊張も解れ、会話もスムーズになっていました。

いよいよ到着です。
部屋は豪華で庭付きの露天風呂がありました。仲居さんには兄弟で明日が親戚の三回忌でと誤魔化しました。

初めは大浴場に男女別で入りました。
旦那がこの度の非礼を詫びます。私も妻の気分次第でと伝えると、もちろんですと言ってくれました。

夕食は食事処でした、浴衣に着替え三人で乾杯です。
浴衣に羽織を着た妻が髪をアップすると少し色気が出たようで、旦那さんが奥さん綺麗ですよと誉めるんです。
あら、あら、酔ったみたいですねと妻に言われてます。

いい気分になりお腹もいっぱいになったので、カラオケルームへ移動しました。デュエット曲を選び、妻と旦那さんが 互いに腰に手を回し良い雰囲気で歌っていました。これなら3P出来るかもと内心思った次第です。

部屋に戻り、いよいよ三人混浴です。
妻に、いいね三人で入るよと言うと、ちょっと待ってと言って冷蔵庫から缶ビールを出し、一気に飲み干したんです。すぐ行くから二人は先に入ってと言うんです。

私とご主人が入り妻を待ちます。
露天風呂から見てると部屋の中で浴衣を脱ぐ妻の姿が見えました。
こちらが少し暗いのでガラスで部屋からは見えないんです、

ブラを外すと40歳の垂れ乳が丸見えです。ご主人が息を殺して見詰めています。

パンティはスワッピング用に用意したピンクのTバックです。
それもスルスルと脱ぐと濃いめの陰毛が見えたんです。他人に見られてと思うと ビンビンに固くなっていました。

ハンドタオルで胸から下を隠しながら、お待たせ~と照れ笑いを浮かべながら入って来ました。いよいよ混浴です。

掛かり湯する時タオルを外すとオッパイが二人の眼前です。
ご主人が奥さん着痩せするタイプなんですね、興奮します。その見事な身体にと誉めるんです。

あんまり見ないで、太ってるから恥ずかしいと言いながらも下半身を掛かり湯です。
妻は股間に手を添えながら湯船を跨ぎ入って来ました。

妻を真ん中に混浴です。
私が、どうですか、妻で興奮しますかと聞くと、もう部屋で脱いでる所から完全勃起ですと言うんです。

妻が~嫌だ~見てたの?と言うので、そうだよ、部屋は明るいから丸見えだったんだよ、と言ったんです。

その言葉に吹っ切れたのか、妻は握ってもいいかしらと大胆な事を言うんです。
ご主人は、こんな物でよかったらご自由にどうぞと言いながら立ち上がりました。

もう驚きでした、妻の顔の前に、ドデカイイチモツがビーンとそそり起ってるんです。

大きい~凄いと妻が感嘆の声を上げたんです。
私の物とは大人と子供でした。妻はそれに手を伸ばし感触を確かめていました。

固いわ~芯があるみたいと独り言を言ってます。
雅美しゃぶってごらんと言うと、ウンと言ってしゃぶりました。

口の半分程しか入りません。
私が、今日はこれを入れてもらおうね、と言うと、あなたごめんなさい、欲しいよ~と泣き声なんです。

奥さん、後ろからね。と言って、旦那さんが妻を岩に手を付かせ、バックポーズを取らせました。

妻はこれでもかと言わんばかりに尻を突き出し、挿入催促なんです。

私の目の前で他人の巨根が妻のマンコにスッポリ収またんです。

根元まで。ゆっくり抜き差しすると、彼のチンポに妻の愛液が白くなりまとわりついていました。

それほど感じまくっているんです。

何とも言えないアエギ声を漏らし続ける妻でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする