パンティに手をかけると妻は抵抗もせずに身を任せている

パンティに手をかけると妻は抵抗もせずに身を任せている

娘がが田舎に行って二人だけの夜を迎えた。
暑い夏の気温も夜十時にもなると幾分和らいでくる。窓を開けると満月が輝き、庭の池から涼しい夜風が入り込んでくる。部屋の中は、街灯の照らす明かりで、ほんのりと薄明るい。その薄明りの中に、薄いネグリジェに包まれた三十八歳妻の仰向けの寝姿が色濃く映し出されている。
暑さのためネグリジェの裾が少し乱れ、太腿の少しが剥きだされている。私はそっと手を差し伸べた。

太腿の上に手を置き、薄いネグリジェの裾を少しずつたくし上げると、街灯の照らす薄明りの中に、柔らかく白い豊満な太腿と、そのつけ根の薄いパンティが剥きでてきた。

パンティに包まれてこんもりと盛り上がった丘の上をそっと擦ると、妻は動かずじっとしている。娘もいない二人だけの夜。今夜は受け入れようとしているのだ。

だんだん指に力を加え、大きく輪を描くように指圧を加えると、妻は、やや感じて腰をひねってきた。パンティに手をかけると妻は抵抗もせずに身を任せている。

パンティをづり下げていく。薄暗さの中に黒々とした股間がぼんやりと浮かんできた。
妻は、まだ、その下半身の全てを、明るい電気の下で私に見せたことがない。
娘がいないことの開放感からか、今夜は、素直に身を任せてくれている。

しだいにその動きが増し、そして積極的に激しくなった。妻の身体が横向きに変わり、太腿が私の腹の上に挙げられた。
ついに、妻の身体全体が私の腹の上に覆い被さり、騎乗位の姿勢となった。
こうした積極的な行為を妻は見せたことがない。

妻はその股間に、固く膨張している私の陰茎の背面を擦り付け、大胆な動きを展開してきた。
これまで見せたこともないスリップのみの半裸で、男の上にまたがって乗馬型となっている。黙って、そして積極的に動いた。

白色のスリップをたくし上げると、膨らんだ乳房が眼前に表れ、殆ど全裸に近い姿となった。
妻は 「いつもはしないよ…!」と云って、陰茎を体の中に包み込んでいった。

女が中腰になった型で性器が繋がれ、女の腰の上下運動や円運動が展開された。
私は妻の腰の部分を両手で支えるようにして脚を軽く開き、膝を立てて、手と腰を利用して妻の運動に協力する。

妻は、上半身前屈みで始まった姿勢が、やがて上半身を直立させそして反り返った。
それは性の生理的刺激を強く受け、性器結合を深くしたいという気持ちが働いたからだろう。

その刺激が自己刺激となって男根を女の性の道具にして、より満足を得たい、男性と一体化したい、という感情が強く働きだした印でもある。

妻は上に乗って腰を律動してくれる。
上下する体の律動に合わせ、下から見上げて妻の二つの乳房を揉みながら、快楽に苦悩する妻の歪む顔を下から眺めて私は昂ぶらせていく。

ついに妻は激しい動きの中から、私の胸の上に打つ伏せてきた。
私の陰茎が強く絞り込まれた。
ついに私も我慢できずに、その全てを暴発していった。

いつものように妻は、極限に達しても声をだすことはなかった。
涼しい夜風が素肌に心地よくあたっていた。
時雨茶臼から本茶臼で妻は果てる。最高に満足した夜だった。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする