おっさんのちんぽより大きいか?太いか?

おっさんのちんぽより大きいか?太いか?

今も懐かしい思い出をひとつ。
中学の同級生だった祥子は、その当時から制服の上に盛り上がった胸の形がはっきり分かるほどの巨乳で、今なら下手をするとアイドルになれたかも知れない容姿をしていました。が、いかんせん俺の時代は巨乳の女性に対して『乳がでかい女は頭が悪い』といった評価くらいしかなく、また彼女も諺?通り、あまり頭が良くなかったので、男子生徒からは全くと言って良いほど人気がありませんでした。
それでも俺とは何故か気が合い、お互い別々の高校や大学に進んでも、春休みや夏休みに帰郷する度に電話をし合って、一緒にドライブしたり、飯を食ったりする仲でした。

俺自身は祥子が何となくこっちに気があるのでは?と感づいていましたが、今更気持ちを確かめるにも恥ずかしく、且つ『頭の悪い女には捕まりたくない。』という潜在的な恐怖心もあった為、一線を越えることなく、通常の友達感覚で微妙になりつつあったバランスを保っていました。
しかしその微妙なバランスも、とうとう一本の電話で崩れる日が来ました。

祥子「あのさ、、、、突然で何やねんけど、あたし4月に結婚するねん。」
俺「・・・はあ~~???ってお前、男おったんか?」
祥子「え~~と、めっちゃ言いにくいねんけど、あの、、、子供できてしもてん。」
俺「はああ???ちょ、ちょっと待って。お前まだ学生やろ?相手誰やねん?」
祥子「う~~ん、バイト先の上司やねん。社会人って奴?」
俺「つうか、あんた。」

今まで思った事も無い『祥子は女』という事実と、彼女が想っていたのはちんぽ俺ではなくて、実は俺が全く知らない世界の男だったショックに、暫く開いた口が塞がりませんでした(註:当時の俺は純情だった訳です・笑)。

そうこうする内に、彼女の結婚式がやってきました。
心の中はスッキリしていませんでしたが、そうは言っても同級生の結婚式です。
招待されたら行かない訳にもいかないので、日曜の結婚式に合わせて金曜の夜に帰郷しました。

おかん「電話やで!祥子さんからやで!!」
俺「・・・おお、もしもし。いよいよ明後日やな。なんかお前の結婚って実感わかへんけど。」
祥子「あのな、今あんたの家の近所の公衆電話からやねん(註:当時は携帯電話がなかった)。ちょっと出てこーへん?」
俺「ええんか、お前???明後日結婚で忙しいんとちゃうの??」

祥子「まあ、ちょっとの間やし、準備は全部終わってんねん。茶でも飲もう。」さよか、と家から歩いて1分も掛からない公衆電話の前に、祥子のファミリア(懐かしいサーファーバージョン・涙)が止まっていました。

あのなあ、お前と言いながら助手席に乗り込み、車中でいろいろな話をしました。
祥子からは、いろんなサインを送ったのに俺が全く気が付かなかったので鈍感な男はどうしようもないという非難や、明後日結婚する男はめちゃ好きでもないのに子供できたからしゃーなしに結婚せなあかんという後悔とか、果てまた中学時代のいろいろな思い出話。
と思いきや、祥子はいきなり国道沿いのラブホテルにハンドルを切りました。

俺「おいおい、まじっすか???」
祥子「今まで何度も言おうと思っててんけどな。もう最後やねんから、今日だけはわがまま聞いてえな?」
俺「つうか、明後日結婚するお方と。って、俺どんな顔して結婚式出たらええねん?」
祥子「神妙な顔しとったらええねん(笑)」・・・裸になった祥子の身体は、それはもう見事の一言でした。

俺の想像を遥かに超える爆乳(Iカップ)は、彼女が19歳という若さもありましたが、乳房がツンと上を向いた、日本人ではまず見られない完璧なシルエットを保っていました。

しかも祥子はウエストが55センチしかないスレンダーな体型だっただけに、この異常なアンバランスさが俺のちんぽに怒涛の血液を送り込んだのも当然です。

初めて見る祥子のおまんこは少女の様な淡い陰毛しか生えておらず、ラビアを掻き分けながらゆっくり舌を差し込んでみると、ミルクと同じ匂いのする愛液が舌を伝わって喉奥に流れ込みます。

時折祥子から甘美のため息が漏れますが、終始二人とも無言で、シックスナインの体勢になってお互いの性器を愛し合っても、性器を一心不乱にすするいやらしい音以外何も聞こえてきません。

また祥子がいくらちんぽをしゃぶっても、経験が浅過ぎるのは当時の俺でも分かりました。
祥子の殆ど使い込んでいないと言うよりは、ほぼ処女に近い性器を間近で眺めても、何故彼女が年上のおっさんと子供まで宿す行為を繰り返していたのか。

祥子「もうあかん、、、」
俺「うん。ゴムある?」
祥子「アホやな(笑)妊娠してるねんから、ゴムいらへんて。」
俺「って、お前。この後、旦那になるおっさんと会ったりせえへんのか?」
祥子「そんなんやったら、あんたと会う訳無いやん!」

何となく祥子とおっさんの世界から疎外された気にもなりましたが、ここまできているのに怯む必要もありません。
もはやトロトロになっている祥子のおまんこに亀頭を宛がって、ゆっくりと腰を沈めていきました。

祥子「・・・・ああ、ああああ、、、、、大きい」
俺「祥子。お前の中、めっちゃ気持ちいい。」
祥子「あ、だめ。おなかの奥までくる。怖い。ああああ」
俺「俺のちんぽが祥子の中を押し広げて入っていくの分かるなあ」
祥子「・・・・あほ、こんな時に何冷静な判断してんねん。あああ、あああ」
俺「おっさんのちんぽより大きいか?太いか?」
祥子「あほ!そんなん答えられへん!!」

俺「祥子の中、狭くてヒダヒダや、、、、」これほどちんぽとまんこがフィットするとはお互い想像していなかったと思いますが、祥子のおまんこは、500人以上の女とやった今でさえ、尚最高の部類に入る特上ものでした。

腹の中の子供に気遣いながらも、できるだけ祥子の身体の奥に挿入させ、いつまでも心地良い膣の感触に浸っていたいとこでしたが。

俺「祥子、いきそう。お前の中、凄過ぎる」
祥子「あたしもいきそう。ああ、中にちょうだい」
俺「先に俺が妊娠させたかったかな。あああ」
祥子「ああ、あんたが悪いくせに。ああ、ああああ」
俺「ほんまは俺の女やったのに、、、あああ、ああああ」
祥子「愛してる、ほんまはあんただけ愛してる、、、あああああ、、愛してる愛してる愛してるぅ~~~」
俺「・・・・祥子、祥子、祥子オオオオ!!!!!」

彼女の髪の毛を鷲?みにし、この晩、2時間で5~6回は中出ししたかと思います。
我々のテリトリーにいた女を、全く知らないおっさんに横取りされた悔しさからか、祥子の中が本当に気持ち良過ぎたせいなのか、思えば狂ったようにちんぽで祥子の膣奥を突き上げる自分がいました。

最後にシャワーを一緒に浴び、お互いを洗いっこしながら、、、、、何故か二人で大声を上げて泣きました。

・・・・結婚式の彼女は既に人の妻でした。
一昨日とは全く違う別の顔をした彼女に最早感傷は無く、にっこり微笑みながら我々のテーブルにキャンドルサービスしてくれた、あの顔が未だに忘れられません。
その後、祥子とは連絡が途絶えました。

2人の子供に恵まれた話は他の同級生から聞きましたが、わざわざ結婚した女友達の家庭にまで電話を掛け難く、次回再会するまで10年が過ぎました。

大学を出て社会人となり、とあるプロジェクトで海外赴任を言い渡されたので、旧友に連絡を取り出した際、祥子にも電話したのがきっかけですが。
またこの話は後ほど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする