年上のおばさんが筆下ろしの相手

年上のおばさんが筆下ろしの相手

俺は、年上のおばさんが筆下ろしの相手だった。
中三の夏休みに、ダチとの罰ゲームでスキンを買いに行くことになり、顔見知りの居ない隣町の小さな薬局へチャリで遠征(笑)
ウブだった俺は、余程おどおどしていたのか、挙動不審で万引きに間違わられ、おばさんに呼ばれて奥の座敷で事情聴取されることに(自宅兼店舗みたいな店で、奥の座敷にはキッチンもあった記憶が)
あっさり疑いは晴れたのだけど、正直にことの顛末を話したところ、なんとなく悩み相談の展開になり、学校のことなどを色々話を話す展開に。
おばさんは多分三十過ぎだと思うけど、とにかく白衣が印象的で、話が面白くて良く笑う人だった。

そのうち、小さなガラスのカウンターの奥から小さな箱をもってきてくれて、「これがスキンよ」と見せてくれた。
俺は恥ずかしくて仕方が無かったが、やっと解放されると思った時に、もっと恥ずかしいことになった。

おばさんは、「そういえば、最近の男の子って、背が高いのね」と、なかなかスキンを渡してくれずに、さり気なく店の鍵を締めてきてから俺を立たせて、メジャーで肩幅や胸囲、腰回りを計られたりした(勿論、着衣のまま)。

ちなみにその頃の俺は、身長が175cmくらいで体重は50㎏のガリガリ体型で、「細いね」と何度も連呼されたのを覚えている。

そして、最後に股下を計られた時に、おばさんの手が俺のチンコに何度も当たり反応。
しかも屈んでいるおばさんの胸元は、多分キャミソールだったので、ブラジャーと乳房が見えているので余計だった。

おばさんは、股下を計りながらも、とにかく明るくて、俺は恥ずかしさMAXだったのだけど、成されるがままだった。
わかると思うけど、確か下は薄手のジャージなのに、女の人の手が、玉辺りをモゾモゾするから、当時の俺はビンビンだった。

俺の息子はビンビンだったけれど、おばさんは、気が付かない振りをしていてくれたのだと思う。
俺は、どうして良いかも分からずに、そのまま突っ立っているだけだったし。
しかも、俺はその時まで精通も経験もなかった。
本当に無知だったし。

精子だって、当時包茎の俺は、オナニーの真似事をして先っぽから出てくる恥垢が、それだと思っていたくらいだから。
で、はっきり憶えているのが、急におし*こがしたくなって、モジモジしたこと。
それがきっかけで、おばさんが色々してくれた。

多分おばさんは、モジモジする俺が逝きそうになったと思ったのだと思う。
ジャージと一緒にブリーフを下ろされて、「また我慢して」と、慌てて息子にティシュを被せたから(笑)
漏らしたら大変だと気遣ってくれたんだろうね。

ただ俺は、おばさんが息子をティシュで包んで押さえた瞬間に生まれて初めて精通をしてしまったんです。
俺は、腰を抜かした様に座り込んでしまった様で、気が付いたらおばさんに抱っこをされていました。

おばさんは、俺を後ろから抱き締めてくれ、「大丈夫だからね」と何か庇ってくれている感じで声をかけてくれた記憶があります。

少しして我に帰った俺は、慌ててジャージを上げようとしたのだが、汚れちゃうからと止められて、飛び散った精子をティシュで綺麗にしてくれました。

そして、息子に着いた精子も、皮を剥いてて拭いてくれた。
刺激が強過ぎてついつい腰を引く俺に気付いたおばさんは、優しく指と手の平で取ってくれた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする