処女と間違う程中がキツくてかなり気持ち良かったw

処女と間違う程中がキツくてかなり気持ち良かったw

人妻・雅恵と出会ったのは、当時まだ監視など厳しくなかった某ゲームサイトだった。
俺はゲームの傍ら、暇さえあれば友達検索で出会いを求めては家近の女を物色していた。
そんな時、雅恵と出会った。
雅恵:32歳、旦那有、子供無し。
次第に日常の話までする仲になり、やっとの思いでメアドをGETして会う約束をした。
雅恵について解っていた事は、20歳でバージンを喪失した遅咲き、経験人数は3人、旦那と結婚して3年だが2年間えっち無し。

子供は居ないという事だった。
そして待ち合わせの場所へ。
現れたのは、背が高くて細見で顔も小さく、何か雑誌のファッションモデルの様で、芸能人で言うと女優の吉瀬さんを少し崩した感じで写メで見るより全然綺麗だった。

メールでかなりやり取りしていたので、直接ラブホへ。
ラブホに入ってキスしようとしたら拒まれた(笑)
えーやはり真面目な子だったので浮気の罪悪感か?
しかし俺は少し強引に雅恵の肩をぎゅっと引き寄せてキス。

意外にも向こうから舌を絡めてきて俺にもスイッチが入り、お互いの唾液がぐちゃぐちゃになる位のディープキス。

そして服の上から雅恵の胸を揉んでやると、細見の割には乳も大きく、身体をビクつかせて感じてる様子だった。

もうかなりスイッチが入ってしまっているのでシャワーも浴びずに雅恵をベットに押し倒してブラを外し、生乳にしゃぶりついた。
雅恵は声を必死に殺して身体をクネクネさせ、吐息だけが部屋に響いていた。

そして半ば強引にジーンズを脱がせてパンティーの中へ手を入れ、雅恵のアソコヘ指を滑らせる。

中はなかり濡れていたが、指でも解るほど締まりがキツく、2年間エッチしてないというのも納得出来た。

俺の興奮はMAXで、シャワーも浴びていない雅恵のアソコヘ顔を埋めると、かなり恥ずかしがって足を閉めようとするが、強引にこじ開けて雅恵の匂いと味を堪能してしまった。

すると雅恵は「も~やだ~信じられない~」と、シャワー無しのクンニに顔を真っ赤にして恥ずかしがったがまたそれが可愛いかった。

そして俺の爆発しそうなアレを出して雅恵のアソコヘあてがい、正常位で足を高く持ち上げて一気に入れようと亀頭を半分まで入れた時、雅恵は「うっ・・・!」と言って俺の侵入を拒むかの様に足で押さえる様にする。

やはり2年間エッチしないと少し痛かった様だ。

しかし、俺はお構い無しに重心をかけてグイグイ入れてやった!
雅恵は処女と間違う程中がキツくてかなり気持ち良かった。

そのまま雅恵を抱き寄せまた濃厚なディープキスをしながらピストン運動を繰り返す。
雅恵は旦那以外の男に犯させている罪悪感か必死に目を瞑って「ハァハァ」と必死で声を殺してるのがまた最高に可愛く思えて、その「ハァハァ」としている唇にまた舌を絡ませて雅恵の唾液をすすりながら果ててしまった。

帰った後、エッチが久々なのと俺のが大きくて痛かったから満足させられなくてゴメンて、雅恵からメールが入ったが、こちらこそ久々なのにあんなにガンガン腰振ってゴメンねって感じだった。

その後、雅恵とは3回位会ってエッチしたが、雅恵の方からこのまま続けても意味ないと別れを告げられた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする