お尻をスパンキングされ激しく指マンされて・・

お尻をスパンキングされ激しく指マンされて・・

相手 ♂34 177/? 既婚、子無し 製薬会社勤務(研究者)写メはちょっとくたびれた小笠原道大(←読売ジャイアンツ)

彼氏が約3年のLA勤務。帰国後結婚する事に。

心も身体も寂しいと伝えると「結婚するまでにちょっと遊んでおきなさい」とのお言葉を頂いた。

彼氏も金髪のねーちゃんと遊ぶつもりだなと邪推しつつ、お互い病気と妊娠には細心の注意を払う事を約束して期限付きのセフレを探す事に。

前回会ったMっ気満開の年下男のおかげで自分のM加減を再認識した為、今回は明確なビジョンを持ってS男性を探してみた。

「ソフトMの女性希望」との書き込みを見つけ早速メールしてみる。

写真付きで送ったせいか即日返事あり。言葉遣いも丁寧だし、がっつきも感じられなく好印象。

「自分はソフトSだけど妻はノーマルなので不満」「ハードなプレイは絶対しない」、

など全くの理想通りなので私は会う前からウキウキ♪

1日3~4通のペースで2週間程メール交換後、お互いの空き時間が合ったので面接決定。

勤務先中間地点の某駅にて待ち合わせ。10分程早く着いて待っていると後ろから声を掛けられた。

振り向くとそこには眼鏡有り&ヒゲ無しのガッツ(←小笠原道大の愛称)が。

年齢より若干老けている感じだが十分可食範囲。さすがに研究者だけあって白衣も似合いそう。

まずは軽く食事&お酒でもと近くのダイニングバーへ。

話してみると非常に物腰が柔らかく「あなた、本当にSですか?」と不安になったが、まあ、取り敢えずヤってみなくちゃねと早々に店を出てLHへGO!

部屋に入ってみると先程の物腰の柔らかさはどこへやら。

乱暴に私の服を脱がせて下着だけにするとタオルで目隠し&バスローブの紐で手首拘束。

しかしそんなシチュエーションに萌えてしまった自分がコワイ。

私をベッドの上に座らせるとガッツは私の髪を掴んでイマラチオ開始。

イマラチオって嫌いじゃないんだけど、さすがにずっと腰を振られてると苦しくなってきて、ガッツの身体を押し戻してやめてもらった。

するとガッツは

「拒否するなんていけない子だな。お仕置きしなきゃね」

と私を強引に四つん這いにして荒々しく下着を剥ぎ取ると、お尻をスパンキングしながら激しく指マン。

う~ん・・・これで一回逝っちゃった私はやっぱMですか?

私の呼吸が整ったのを見て

「入れて欲しければ自分で大きくしてごらん」とベッドに寝転ぶガッツ。

やられっぱなしなのも悔しいので、ここで自慢のフェラテクを披露すべく私も戦闘開始。

ペロペロとジュボジュボを絶妙に使い分け、ガッツに声を出させる事に成功。

ガッツも私のテクに満足してくれたようで

「上手く出来たからご褒美をあげるね」とゴムを着けて正常位で挿入。

ガッツのチンコはそこそこのサイズだったが、かなりのカリ高で、抜き差しされると引っ掛かってスゴイ気持ちイイ!!

脚をガッツの腰に絡ませてアンアン喘ぐ姿を冷静に見つめられて、それでまた感じちゃった・・。

結局30分近く突かれて同時にフィニッシュ!

その後はバックで1回、お風呂にて対面座位で1回の計3回で終了。

こんなに逝ったのは久し振りで、私は大満足。

ガッツも私のなかなかのMっぷりに満足してくれたっぽい。

LHを出ると待ち合わせた駅まで戻ってそこでバイバイ。

解散直後「また会ってくれる?」メールが来たので「こちらこそよろしく」と返事したものの

その後は「ノーパンで仕事に行け」だの「次はあそこを剃毛するぞ」だの調教メール(?)が入って来るので只今どうやって放流しようか考え中。

あなたの奴隷になる気はありません。

会った時だけのプレイとして楽しみたかったのになぁ。

顔と声はすごく好みなのに・・・残念!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする