私の事が好きなんでしょ…中でいっぱい出していいよ…

私の事が好きなんでしょ…中でいっぱい出していいよ…

私は50才の主婦兼会社員です。
子供のようにかわいがっている部下(20代独身の男性)と先日出張に行った時のことです。彼はとても頑張ってくれ契約は大成功しました。
彼は一ヶ月後には本社に転勤、とっても良い業績が出来ました。
その夜は、居酒屋で二人で祝杯です。
お酒も入り話題は彼の彼女の話へ、しかし、はぐらかしてばかり。
「実はだいぶ前に別れてからはいないんですよ」
「そう、寂しいね」
「でも、今は好きな人がいるから大丈夫」
「そうなんだ」
そんな話も続かずお店を出ましたが彼はまだ飲みたそう。

「ホテルのラウンジで飲む?」
「高いから悪いですよ」
私は上司として奢る約束でした。
「生意気なこと言って、でもそうね。部屋で飲もうか」
「じゃあ僕の部屋で」
私も彼にこれ以上負担を掛けまいと、つい気軽に言ってしまいました。

途中、彼はコンビニでお酒を買い隠すように持込しました。
私は一旦部屋に戻り一日の汗を流し、スーツ姿からラフな服装に着替え、私は彼の部屋に行きました。

彼もラフな服装でした。
お互いシングルルームの狭い部屋、彼はイス、私はベットに腰掛け再び乾杯。

話も弾み何故か彼も私の横に座りました。
その時はその行為は何とも思いませんでした。
「ところでさっきの話、好きな人いるっていってたよね。どんな人、良かったら教えて」
少し酔った勢いもあり、また私は大学時代に今の主人と知り合い、浮気もなく一人の男性しか知りません。

おばさんの興味本位ですね。
「とても尊敬できる人」
「素敵な人」
「いつもそばにいる人」
「そう、きっとあなたが好きになる人だから素敵な女性だね」

「同じ会社の人」
「年上の人」
「その人にはご主人がいるから」
「誰かしら」

でも、もしかしてもしかして何て思いもありました。その時、彼の手
が私の手の上に来ました。

「もしかしてその人って・・・」
その時突然抱きしめられ彼は大声で言いました。
「早苗さん(私の名前)が好きなんです。ずっと言えなかったんです」

私は大変な動揺していましたが、
「そう、有難う。でもね、私は結婚してるの。あなたにはこれからふさわしい女性が必ず現れるよ。ねっ」

でも彼は、まだ私を離そうとはしません、それどころか、
「最後に、最後の思い出に早苗さんを抱きたい」
私は、努めて冷静さを保ちながら、

「今こうして私を抱いているじゃない」
「違うんです」
「何が」
「‥‥」
「さあ‥」
彼は振り絞るように、
「Hしたい」
この年になってこんな若い男性に更には部下に言われるなんてびっくりです。

「少し話をしましょ。だから離して頂戴」
やっと彼は離してくれ、私は本当の事(主人以外の男性は知らない事、浮気願望のない、家庭を大切にしたい等)を話しました。
彼を見ると涙目でした。

「Hしたいなんて言って後悔してんでしょ」
「違います、言えただけで幸せです」
暫くの沈黙後、意を決して彼にもう一度問いただしました。

「本当に本当なの?こんなおばさんで後悔しない?」
「後悔なんかする訳ない、本当に好きなんです。どうしようもなく好きなんです」

「そう、解ったわ。でもこれだけは約束してくれる?」
「何ですか」
「これっきりの一回だけ。誰にも一生言わない。明日からは私を唯の上司と思う事。約束できる?」
「出来ます、破ったら殺してくれてもかまいません」
「そう、解ったわ」

彼をベットから立たせ部屋の電気をフットライトだけにするように言い、立ち上がりざまに、
「本当にいいんだね」
「はい」
「5分後に出てきて」
と彼をシャワー室に追いやりボタンに手を掛けゆっくりブラウスとズボンを脱ぎ、下着姿でお布団に潜って壁を向いていました。

5分が過ぎ彼が出てきました。
ゆっくりベットに近づき毛布を半分だけ開け隣に来ました。
「こっち向いて」
やさしくキス、初めは拒んでいましたがだんだん彼の舌が侵入してきました。

彼の手は、下着の胸からお腹そして一番恥ずかしいところに。
「濡れてるみたいですよ」
Hな言葉に本当に濡れて来るのが解りました。
彼の手が私の背中に回りホックを外され胸も露に。

「垂れててごめんね」
口では乳首を目一杯吸われ、手は私の手を彼のモノに導きました。
彼は下着をいつ脱いだのか既に全裸でした。
大きい、硬い。私の第一印象です。と言っても主人のモノしか知りませんが。

彼の口がお腹、そして下腹部まで行った時に止まり、起き上がり、
「お願い」と彼のモノを顔の前に持って来ました。
「あんまりしたことないし」
躊躇していましたが思い切って含みました。
大きく一寸苦しかったけれど喜ぶ彼の声を聞くと幸せな気分になってきました。

「下手でしょ」
「とっても気持ちよかった」
「早苗さんものしたいな」
「そんな、恥ずかしいからしなくていいよ」
「ご主人はしてくれないの?」
実は最近主人は全然してくれません。それどころか営みすら殆どない状態。

拒んでも心と体はこのときは別物。私のアソコは彼の口、指までも許してしまいました。
更に彼の卑猥な言葉と口・指使いに本当に久しぶりの絶頂を迎えてしまいました。

彼にも解ってしまったみたい。
「もう欲しい」
「それだけはダメ」
「どうしても?」
「どうしても」
「でもここは欲しいと言ってるよ」
と私のアソコを指でなぞっています。

「本当は、本当は。さあ、言ってみて」
「いらない」
「本当かな」
彼は私の足を割って上になり、お互いのモノを擦り合わせてきました。

「どうする、どうする」
彼も焦っていました。唯、私を喜ばそうとしている気持ちがとっても伝わってきました。
「本当に私の事が好きなのね。私も本当はあなたの事が好き」
その時、彼のモノが突然往々しく侵入してきました。

それはとてもスムーズにでした。
私は若い彼のモノに、激しくまたも絶頂を迎えてしまいました。
「逝ちゃったね、僕も逝きたい」
「ごめんね、私だけ。逝っていいよ。お願い、私の体で逝って」
「でも」
「何?」
「あの、ここには避妊具ないし」
「そうね、でも心配しないで。私の事が好きなんでしょ。中でいっぱい出していいよ」
と同時に彼は私の中で果てました。

しかし彼はなかなか離れようとはしません。
いつまでも思いっきり抱きしめてくれました。
彼が私の上から去った後、当然の事のように彼の精液が流れ出てきました。

「いっぱい出たね。満足した?」
「有難う」
「明日からは上司と部下。それだけよ」
「解ってます」
それからその夜は明け方までしました。

日の出前に彼が最後の発射をし、約束通り上司と部下の関係に戻りました。

一ヵ月後の彼との最後の日の帰り際、彼は私を会議室に呼び、こう告げてから本社に向かいました。
「僕が出した瞬間、早苗さんのアソコが僕のモノを何回も締め付けたんだよ。一生忘れない。有難う」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする