奥さんも満足してくれたのかお腹の精液を拭い舐める…

奥さんも満足してくれたのかお腹の精液を拭い舐める…

隣の奥さんはとってもきれい。
俺の母と比べると、比べるのが失礼なくらいきれいな人です。
引越ししてきて数ヶ月、一目見たときからトキメキを覚え、やりたいと思いました。
大学に行くときに玄関先で会うのがとても楽しみでした。というのもノーブラの胸チラが拝める時があるからです。(奧さんは巨乳です)
子供がまだ小さい専業主婦だと思います。奥さん思いながら何度センズリこいたか。

挨拶もきちんとします。なるべく好感度を上げようと無駄な努力も怠らない。

一度でいいからやりてーって思ってました。
でも学生の分際では相手にされないか。

そんな俺にも何度かは接触があり、荷物を運ぶとか子供の相手をするとか、そんな時でも全力で向う。けなげな俺だと思います。その内名前で呼んでくれる様になりました。

旦那さんはあまり見かけない。出張が多いのか知らないけどたまにしか見かけない。
でもたまに見かける旦那さんには良い思いはしない。奥さん抱いてるのかと思うと腹が立つ。理不尽な思い込みですけど・・・。一応は挨拶はします。

夏休みに入ると暇です。用事も無いのに表に出たり奥さんいないかななんて。子供を公園に連れて行くのは日課のようで、偶然を装って公園で話しかけ子供と遊んだり。

そんなんで徐々には距離が縮まってきたのかもしれません。
玄関先で会うと世間話したりするようになった。

俺は彼女はいたけど長続きはしない。振られるのがほとんどです。
原因は・・一度やったら飽きるから・・かもしれない。
一気に冷めちゃうんですよね。だから扱いが適当になり振られる。

でもこの奥さんは違う気がする。のめり込みそう、そんな予感がするほど入れ込んでいた。

その日も公園で子供と遊んだ。ジュースの差し入れももらったから嬉しい。
一緒に自宅まで歩いて帰るのも自然にできるようになった。

「ちょっと寄ってらっしゃい」

初めて自宅に訪問を許されました。感動です。もう目的の半分達成した気分になりました。

リビングで冷たい飲み物だしてもらいお菓子もいただいた。緊張はしたけど自然に振舞う。

子供を寝かしつけにちょっと失礼と。その間にいろんな妄想をする。このままここでやるとか。

奥さんがリビングに帰ってきて話しが弾む。あまり知り合いがいないから俺はいいお友達だとか。頑張った甲斐があったと思う。

学校の話しやら奥さんの年齢の話やら(30過ぎらしい、びっくり!そうは見えない)
旦那さんの話になるとトーンダウン。
出張がちなのはそうだけど遊んでるとか。こんな奥さんもらっておいてなんて酷い奴だと思った。

引越しして寂しかったと言う。
だから俺から話しかけられるのがとても嬉しかったとか。いい雰囲気だなあ。

「時々でいいから遊びにいらっしゃい、歓迎するから」

遠慮なく遊びに来ます。いいんですか?
構わないとのこと、お隣同士だし心強いとか。
心の中でガッツポーズ。
じゃあお邪魔しましたとその日は良い子で帰りました。

夏休みの間になんとか深い仲になれそうな予感。慎重に進めないとお隣さんだし失敗したらえらいこと。
奥さんの方からそんな素振りを見せるのを待ちました。

訪問するのも数回目、何となくいい感じ。
ソファーに座っていると奥さんの方から隣に来てくれました。もう大丈夫だと思いました。

冗談を言いながら笑いを誘う。そこにスケベな話も織り交ぜて会話を楽しんだ。
旦那さんの話をすると暗くなる。ここが狙い目だと思ってそこを責める。
こんなきれいな奥さん泣かすなんてと。

寄りかかるように涙する。そっと肩を抱いて抱きしめても嫌がらない。唇が誘ってくる。
ようやく念願かなった瞬間です。

キスをすると後は簡単に進む。唇をはわせ首筋に胸を揉んでもなすがまま。

そっと横たえ服を脱がし乳首を含む。胸チラで拝んだ乳首を直に吸う。

もう奥さんの息使いは荒く求めている。パンツの中に手を入れまさぐるともう濡れてビッショリ。

簡単に脱がせる事が出来た。俺も服を脱いで覆いかぶさって、さあいよいよ念願の奥さんの中へ。

よく手入れされてか陰毛もきっちりと処理されていて体も余分な肉は付いていない。きれいな体でした。

生のまま入れて腰を進めるともう声を出してる。抱きしめられるように腕が首に巻きつきキスもねだる。

腰の動きがいやらしくくねるように俺を迎えてくれる。
本当にいい女だと思った。

中で出したい衝動を押さえ腹に出した。奥さんも満足してくれたのかお腹の精液を拭い舐める。

一旦シャワーを浴びた。一緒に浴室に入り今度は奥さんが咥えてくれた。とても上手。
口の中に出すのは勿体無いから後ろを向かせ入れた。

さっきよりもなお激しい動きで後ろから突き立てる。
揺れる胸を荒々しく掴み、揉みしだく。奥さんが「いくーっ」
それと同時に背中にほとばしる精液。奥さんは只しがみ付いてくるばかり。

「時々でいいから相手してくれる?」

潤んだ瞳で見つめられると、うんとしか言えない。浴室を後にしてリビングでもう一度味わった。

後期の授業も始まり、出かけに奥さんと出会う。
にっこりと微笑をくれる奥さん。
少し元気が出たのかな、もの憂げな陰りはもう見えない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする