「あっあっ、ダメ!」って言って体をビクンビクンと痙攣させてましたw

「あっあっ、ダメ!」って言って体をビクンビクンと痙攣させてましたw

つい最近の話。
嫁が仕事に行き始め、家に1人でいる時間が増えた時の事。
お昼を買いに近所のスーパーに行ったら、たまたま同じアパートの奥さんがいて、話の流れで奥さんにお昼を作ってもらえるって事になりました。
で、奥さんの家に行き、一緒にご飯を食べました。
3歳の子供もいて、一緒に食べたり遊んだりしていたらお昼寝しちゃいました。
ご馳走になったので洗い物を手伝っていたら、奥さんと体が密着していて、お互いに気付きちょっと気まずいムードに・・・。

この時は特別な感情はなかった。
その後、3DSで聞きたい事があるって事で、奥さんと座ってやっていました。
画面を覗き込む感じだったのでかなり密着していました。

そして奥さんが体勢を崩して、偶然にも手が俺のムスコの上に・・・。
何秒くらいそのままだったかな?まぁ男なのでムスコはムクムクと。
彩「あっ、パパの大きくなってる・・・」(なぜか『パパ』と呼ばれてます)
俺「それはまぁ自然的に・・・男ですから(笑)」
そしたら彩はムスコの形に握り直してきました。

そしてキス。
彩「硬い・・・」黙って彩の胸を服の上から触りました。

この流れだから仕方ありません。

彩「んっ・・・。小さいから恥ずかしい・・・」確かに小さい。

Aかな?でも・・・。

俺「大きいとか関係ないですよ。てか、抵抗しないんですね」
彩「イジワル・・・」そして彩の服の中に手を入れブラをずらして揉み揉み。

それに合わせて彩は、「んっ」と声にならない声を出し始めた。

乳首をコリコリしたら喘ぎ声が、「あっっん・・・」と。

彩「そこダメ・・・。弱いの・・・」そのままコリコリし続けてたら、さらに喘ぎ声がでかくなりました。

俺「あまり声出すと起きちゃいますし、外に聞こえちゃいますよ」
彩は「だってパパが・・・」と言いつつ、その手はムスコを擦り始めました。

俺はスウェットだったので、彩の手を中に入れ、直に触らせちゃいました。
彩の手は冷たく気持ち良かった。

彩の服を捲ると黄色いブラと小さな胸が見えました。
彩は「恥ずかしい・・・」と言っていたが、俺は「可愛いブラと胸ですね」と言って舐めました。

ちょっと意地悪したくなり、ブラをクンクンして、「いい匂い」って言ったらムスコを握ってる手に力が入ってました。

彩はロングスカートだったので、捲り上げてパンティーの上からマンコを擦りました。
俺もスウェットとパンツを下げられ、手コキをしてもらい、自然に彩の頭がムスコの方に行き、先端にキスされました。
そしてフェラをしてもらい、俺はパンティーをずらしてビチョビチョのマンコを触りました。

ちょっと中をグチュグチュしてたら、「あっあっ、ダメ!」って言って体がビクンビクンと痙攣させてました。

俺「イッちゃったんですか?1人で」
彩「だって・・・、久々だから」聞いたら旦那とは単身赴任の前からやってないと。

俺「あの~、まだ口でして欲しいんですけど・・・」息が整ってない彩に言うと、「うん・・・。
あまり上手くないけど・・・」と言い、咥えてもらいました。

確かにあまり得意ではなさそうだが、逆に気持ちよかった。
そして射精感がきて、「このまま出していいですか?」と聞くと、咥えたままコクンと頷いたので、彩の頭をちょっと押さえながらドピュッと。

俺も久々の射精だったので結構出た。

彩はちょっと苦しそうにしてたが飲んでくれた。
彩「いっぱい出たね」
俺「うん」彩は恥ずかしそうに笑った。

スカートが乱れていて、生足がエロく見えて、触っていたらムスコが鎮まりませんでした・・・。

彩の足の方に回り、パンティーを脱がしちゃいました。
雌の匂いが鼻にツーンとして、ビチョビチョになってるのを見て、「スゴい濡れてますよ」と言いつつ指を入れ、クリをチロチロと舐めたら、彩は腰を浮かせながら・・・。

彩「パパ!ダ・・・メ・・・!んっ!さっき・・・イッたばかり・・・」手のピストンを速めて、クリをペロペロしてたら・・・。

彩「ダ・・・メ・・・もう・・・」
俺「やめて欲しいですか?」
彩「ダ・・・メェ・・・やめないでっっ・・・あっ、イ、イクぅ」腕の力いっぱいピストンしたら、プシャーッと潮を吹きました。

彩「はぁはぁ、こんなになった事ないよぉ」ちょっと涙目になってるのがちょっと可愛く見えてしまいました。

ぐったり横になってる彩の横に寝転がりディープキスをしました。

自然と彩の手がムスコに伸びて手コキ。
彩の耳元で・・・。
俺「ママの中に入れたい」(パパと呼ばれてるので、こっちも『ママ』と普段から呼んでます)彩「えっ・・・それは・・・」(ここまできてそれ??)俺「ママは俺じゃ嫌?」
彩「だってお互い・・・」(え?今さら??)なので手マンしながらまた耳元で囁きました。

俺「入れたい」
彩「分かった・・・いいよ。内緒だからね」
俺「もちろん。・・・てか、ママも我慢できないでしょ?」
彩「んっ・・・。うん」
俺「じゃあなんて言うの?」
彩「パパってイジワル・・・パパの・・・入れてください」俺が上になり、ムスコをマンコに当ててゆっくり挿入。

彩「あっ。入って・・・くる。あっ、パパ・・・ゴムは・・・」
俺「もう遅いですよ。ほら、奥まで入っちゃいますよ」ゆっくり奥まで入れました。

彩「あっん・・・ゴムしないとぉ・・・あんっいぃ」
俺「生の方がお互い気持ちいいでしょ?」
彩「そうだけど・・・あぁパパの大きいから奥に当たってる」スゴい締め付けてきました。

彩は子供産んでるとは思えないほど締まりがいい。
そして腰を動かすと、彩は喘ぎまくり。

彩「あぁぁぁん。パパ気持ちいぃぃ。おかしくなっちゃう」
俺「俺もママの中気持ちいいよ。おかしくなっちゃって下さい」
彩「あん。ママじゃなく名前で言ってぇぇ」
俺「彩の中気持ちいいよ」お互い乱れまくり。

そして射精感がきたので・・・。
俺「彩っ、イキそう」
彩「いいよっ・・・んっ・・・イッて・・・」でもここで腰の動きを速めたらヤバいって思ったので体を起こそうかとしたけど、彩の足が絡み付いてて、抜けずそのまま彩の中に・・・ドクッ。

彩「あぁぁぁぁん。熱いのが中に・・・パパダメだよ・・・」
俺「だって彩の足が・・・ごめんなさい・・・」
彩「あっ。夢中で気付かなかった。仕方ないか・・・」繋がったまま抱き合い、キスをしまくりました。

抜いたらドロッと白い液体が出てきました。
そして着替えてまたキスをしました。
実はこの時はまだお互いに連絡先を知らなくて、中に出したのも気になるし、次への期待も込めてメアドを交換しました。

周囲に誰も居ないことを確かめながら彩の家を出て・・・。
俺「ごちそうさまでした」
彩「お昼足りた?またね」(またね??次がありそうな予感♪)と、こんな事がありました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする