私は思い切り胸にしゃぶりつき乳首を赤子のように吸いましたw

私は思い切り胸にしゃぶりつき乳首を赤子のように吸いましたw

二交代勤務で働いています。
アパート住まいは交代勤務に便利だから、木造2階建てボロアパートに引っ越しました。
3ヶ月くらい経った頃、番に出かける前に洗濯をベランダに干していたら、こんにちは!と隣の奥さんがベランダ越しに挨拶されました。
一度しか会っていなく顔すら忘れていましたが・・・いつも朝早かったり夜遅かったりでたいへんですね、と、2歳位の娘さんをだっこしながら声を掛けてくた。
私は子供が好きなこともあり、「こんにちは!お子さんは幾つですか?お名前は?」など聞きながら近づいて行きました。
奥さんは少しふっくらとしていて、とても可愛く歳は私と同じ位ではと思いました。

それから1ヶ月後に私が休暇を取って日でした。
部屋の掃除をしていたら隣の2歳の美和ちゃんが部屋に来ました。
美和ちゃんは他人の部屋が珍しいのか部屋にあるステレオやレコードにカメラなどを触っているくらいなので私は掃除を手早く済ませて少し遊んでいました。

そこへ奥さんが来て「ごめんなさい!洗濯していて気がつかなくて!」と言いながら部屋の入口で、美和!来なさい!と何度か言っても動こうとしないため「ごめんなさい!」と言って入ってきて、美和ちゃんを立ち上がらせようとした時、奥さんの胸元が大きく開いて、かなり大きな胸が見えました。

奧さんは子供を抱きかかえて隣の部屋に戻って行きました。
それから1ヶ月後、部屋でヘッドホーンを着けながらレコードを聴いていました。
すると突然隣の奥さんの顔が目の前に現れ、私はびっくりして座椅子ごと倒れました。
よっぽど私のリアクションが可笑しかったのか体中で笑っていました。

さっき美和が持ってきちゃったのごめんなさい!とレンズキャップを私に渡し、
これ良かったら食べて!田舎から送って来たものだけどと、美味しそうな蒲鉾とわさび漬けを差し出してくれました。

そして、冷蔵庫に入れておくね!と冷蔵庫を開けて保存してくれました。
その時スカートが持ち上がり超ミニになり、白いパンティ-がパンチラ。
目を逸らさなくてはと思いながら、目は釘付けになっていました。
その時目が合ってしまい、慌てて目を逸らしたのですが、
エッチ!こうゆう時は見ないもんだよ!
と言われ私は、いや!その!すいません!と言うのが精一杯でした。

その時奥さんが私の頭を胸に押し付け抱きしめてきました。
そして何時も私を見てるでしょう!洗濯を干している時とか美和と遊んでいる時とか、ちゃんと知ってるよ!視線感じていたから!と言いました。

そうです。
私はあの日以来、可愛くてふっくらした体と90CMはあるだろう大きな胸が夏の服装で谷間がよく見えるので、窓越しに見ていました。

奥さんは私の手を大きな胸に持って行き、触りかったんでしょう?いっぱい触っていいのよ! と言ってくれました。
私は甘ーい香りがする憧れの奥さんの胸に顔をつけながら、胸を揉みました。
そしてブラジャーを外して!と言われ、私は両手を背中のホックへ回し、外しました。

ブラジャーが膝の上に落ちた瞬間、大きな胸が現れました。
想像していた以上大きいです。子供を生むと垂れると聞いていましたが、目の前にある奥さんの胸はピーンと前に突き出しているように見えました。

私は思い切り胸にしゃぶりつき、乳首を赤子のように吸いました。
アァーウゥン、奥さんの初めて聞くエロい吐息でした。
私は更に奥さんを寝かせスカートを捲り、パンテーの上から秘部をさわっていきました。
そこはもう洪水状態でお尻の下までびっしょりでした。

奥さんは私の半ズボンとパンツを一度に脱がしいきなりギンギンになっているペニスを咥えました。
私も奥さんのパンティーを剥ぎ取り、二人とも裸になり69の姿勢になっていました。

ジュポシュポ、ウグー硬い!アァーンアァ・・・
奥さんの声が段々大きくなっていき、誰かに聞かれるとまずいのではと心配しながら、しかし憧れの奥さんとのSEXを止める訳にはいかないと思いました。

奥さんが私の体中にキスをして上に乗ってきました。
そしてギンギンのペニスを持って秘部へと、ブズズー熱い膣の奥へ奥へと入っていきます。
アァーン熱い!
腰をゆっくり沈めながら、奥さんのなんともいえないエロい表情を見ながらペニスに感じる膣壁にもうイキそうなのを一生懸命耐えていました。

根本まで入ると奥さんは腰を動かし、ゆっくり、早くと変化させながら大きな胸が揺れています。
奧さんの顔が恍惚の表情で可愛い。
もう我慢の限界がきました。
ウンウッ、出そう!もう出そう! そう言うと、だめもう少し我慢してと言われた。

でも、アァーンアーッ、だめだ出る!降りて! と奥さんを突き飛ばすように離れた瞬間、ドビュドビュと私も腹の上顔の上、畳の上と私の精液が飛び散った。

ハァーハァーと息をしながら私が放心状態でいたら、ずるい!自分だけ!と言って奧さんは放出ばかりのペニスをしゃぶりだした。
さらにディープキッスをしてきた。
目の前に可愛い顔した奥さんが、舌をからめ手はペニスをしごいている。
私はすぐに元気になってしまい、今度は奥さんを下にして体中を舐め回しました。

秘部を広げると愛液で溢れています。
中に舌を入れかき回しクリトリスを指で愛撫しながらじっくり楽しみました。

「アァーン、イイーもっと・・・アーン」
奧さんは体を左右にゆすりながら感じていることを表している。
何度もイッタようだったがずっと舐め続けてやると、
「アーンウンンだめ入れて、お願い入れて!」
私はゆっくり体を上にずらし、ギンギンになっているペニスをいっきに入れていきました。

私は思い切り腰を動かしながらHな淫乱奥さんの声を塞ぐようにディープキッスを続けました。
「ウハーハァーイキそう!一緒に中にいっぱい出して!イクーッイクーッ」
私も我慢の限界でしたウー出る。
「ドクッドクッアーンアツーイ」同時にイキました。
二人ともしばらく天井をボーと見ていました。

奥さんは起き上がり、スカートで顔を隠しながらはずかしい! と・・・
そんな姿を見て私は思い切り抱きしめキスをしました。
私がそのアパートを出るまで週2回ぐらいのペースで続きました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする