チンポがあたしのオマンコに出たり入ったりしてるー

チンポがあたしのオマンコに出たり入ったりしてるー

大学時代、スーパーでバイトしてました。
ぼくはその頃、同世代の女の子に対しては何かと意識してしまい、うまく話ができませんでしたが、年配の女性とは気軽に話をよくしていたので、レジのおばさん連中からは人気があるようでした。おばさん連中の中でも和美とは特に仲良しで、家も同じ方向だったので、バイト帰りはほとんどいつも一緒でした。
和美は当時42歳(自分の母親より2つ下)で、夫と娘が一人の主婦でした。
特に綺麗というわけではありませんが、ポッチャリしたかわいらしい感じのおばさんです。

その頃ぼくは彼女が欲しくてたまらなくて、同じスーパーで気になって仕方ないかわいい女の子がおり、その子の前で、和美を含むおばさん連中になつかれることを少し恥ずかしく思っていたくらいだったので、おばさんという人種に対してまったく女を意識してませんでした。

バイトをはじめて半年くらいたった残暑厳しい秋口に、店長がスーパー連中を集めて温泉旅行をしようという企画があがりました。
おばさん連中は皆「みんながいくなら主人に相談できるのに」といった感じで盛り上がっていました。

バイト帰りに和美ともその話になり、そのとき和美は、「やまちゃん(ぼく)が行くならあたしも行こうかなあ。」というようなことを言ったらしいのですが、ぼくはよく覚えていません。
結局40人くらいの大所帯で熱海に行ったのですが、ぼくが好きだった女の子は来ませんでした。

夜、宴会が始まって、一通り盛り上がったあと、カラオケ・麻雀・散歩等、いくつかのグループに分かれ、三々五々散っていきました。
ぼくは未だ酒の飲み方をよくしらない学生で、気持ち悪くはなかったのですが、飲みすぎでフラフラして部屋で一人横になっていました。
しばらくして、「やまちゃん、大丈夫?」と和美が部屋にやってきました。

「うん、大丈夫。和美さん、二次会とか行かないの?」
「汗かいて温泉に入りなおしているうちに、みんな外にカラオケしにいったみたい。おいてきぼりくっちゃった。」
そういって僕の横にゴロリと寝転がり話をしはじめました。
話をしているうちに、和美が下着を着けていないことに気がつき、少しはだけて見える乳房に視線がどうしてもいってしまいます。

「あたしの胸、気になる?」
「和美さん、下着つけてないの?」
「うん。浴衣だから。普通つけないんじゃない?」
「・・・」
「やまちゃん、彼女とかいないの?」
「・・・ええまあ。」
「でも、やまちゃん、かわいいから、モテて困るでしょ。」
「そんなことないよ。女の子と話すのちょっと苦手だし。」
「あら、失礼しちゃう。あたしだって女なのに。・・・Hの経験は?」
「1回だけ。」
「ふーん、そうなんだ。・・・触ってみる?」
「え?」

和美はぼくの手をとり自分の胸の中に入れました。
やわらかいマシュマロのような感触が手のひらいっぱいに広がりました。
「やわらかい・・・」
「そう?・・・さすってみて」
ぼくは言われるがままに和美の乳房を揉みさすりました。
和美の乳首は固く大きく突起していて、そこに触れると、「あん」と声をあげます。
いつのまにか2人の脚はからみあっていて、和美の内股のすべすべした感じがぼくのペニスを勃起させています。

「やまちゃんのも触らせて。」
和美の手が浴衣の中にすべりこみ、ペニスを握りしめました。
それを合図かのように2人はしっかり抱きしめあい、互いの舌を引っ張るように吸いあいました。
ぼくは我慢できなくなり、和美の浴衣を脱がせようとすると、
「だめだよ。人が来ちゃう。ここ店長と一緒の部屋でしょ。帰ってから。ね?」
「店長達は徹マンで麻雀部屋から一晩中帰ってこないから大丈夫だよ。」
そういって和美の肉厚な体を開きました。
2人ともとても興奮していて、互いにむさぼり合うように、強い力で愛撫しあったのを覚えています。

「やまちゃん、して」和美は脚を大きく開き、潤んだ目でいいました。
ぼくは夢中で和美の中に入りました。
「あふぅ」初めて見る和美の表情にぼくはどんどん興奮していきます。
「あー、あたし、浮気してるぅ、でも、でも、気持ちいいー」
普段の和美とはまるで別人のように、いやらしい言葉をいっぱい言うのです。

「やまちゃんのチンポがあたしのオマンコに出たり入ったりしてるー」
「あひぃー、おっきいよー、気持ちいいよー、こんなにいいの初めてよー」「してぇ、もっとしてぇー」
生あたたかい感触の中で腰をいっぱい振りました。
「あひぃ、気持ちいい、気持ちいい、オマンコが、オマンコが気持ちいいのぉー」
「見せてー、やまちゃんのチンポとあたしのオマンコのとこ、見せてー。」
和美に見えるように腰をリズミカルに打ちつけると、その動きにあわせて声をあげます。

「あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん」
耐えられなくなったのか、和美は目をつむり、ぼくの腕に必死にしがみついてきました。
「イクー、イクー、あたしのオマンコがいっちゃうー」
そう言って、ぼくの腰を両脚で締め付け、声にならない叫びをあげてイってしまいました。
ぼくも、ほとんど同時に、和美の中にいっぱい出してしまいました。

「中に出しちゃったんだ。」
「ごめん。」
「ううん。あたしもやめてほしくなかったし。でも、たぶん大丈夫な日だから。」
結局、大丈夫ではなく、このとき和美は妊娠してしまいました。
このあと朝5時くらいまで、4回ほど中出ししてしまったので、1回目でそうなったのかどうかはわかりませんが。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする