終電で泥酔していた女子大生に目隠しして中出しした体験談

終電で泥酔していた女子大生に目隠しして中出しした体験談

私はある鉄道会社に就職している者です。

都心から離れていて小さな駅なので、

駅の業務は普段2人でやっています。

学生マンションが駅周辺にあるくらいで、

特に何があるっていうようなところではなく、

毎日平々凡々といった感じです。

あれは、10月でした。

ある大学の学園祭の最終日で、夜11時ぐらいになると、

どうやら、打ち上げと称して飲み会でもしていたであろう

酒臭い学生がたくさん帰ってきました。

この日は先輩が22時に帰っており、

終電は1人でやることになっていたのですが、

けっこう1人でやっていたこともあって、

とくに何も考えていませんでした。

最終電車がきました。時間は23時55分。

今日最後の挨拶を運転手としてから、

いつものように仕事を終える予定でした。

駅にはよく“酔っ払い”が駅で泥酔していることがあり、

後の処理は大変です。

ですが、学生で泥酔しているのは滅多にありませんので、

いつもと変わらないと思っていました。

しかし、あの日は違いました。

いろいろな条件が整っていたのです。

最終を見送った後、簡単な駅の掃除をしようと

掃除用具を持ってホームに戻ると、

駅のベンチで一人の学生が泥酔し寝ていました。

その時は、ついてないな~と思いました。

小さな駅なので、鉄道警察などなく、

駅の近くの交番に連れていくか、

電話をして警察の方にきてもらわないといけないからです。

はっきり言って面倒くさいのです。

ベンチで寝ていたのは綺麗な女子大生でした。

相当飲まされたのか、服が乱れているのにも関係ないようです。

かなり可愛い子で、けっこう胸もあり、乱れた服の間から

谷間ができているのが確認できました。

風邪を引いたらいけないと思い、声をかけましたが

返事もなかったので、とりあえず駅長室に運び、

仮眠用のベッドに寝かせました。

ここまでは別に下心はありませんでした。

しかし、なぜかすぐに交番に報告しに行きませんでした。

まだ起きそうになかったので、

掃除を済ませようと部屋を出て掃除をし、

やるべき仕事を終えて帰ってきましたが、

女子大生は起きる気配がありません。

本格的に寝ているようでした。

誰もいない駅内、二人っきりで、意識のない乱れた服の女・・・

少しくらい触ってもいいかな?

かなりビクビクしながら、服の上から胸を触ってみました。

女子大生の呼吸に合わせて上下する胸に手を這わせると、

とてもやわらかくて気持ちよく、

しかも、ゆっくりと揉んでも少しも起きる気配がありません。

これ以上は駄目だと思い、

女子大生に声をかけ、軽く頬を叩いてみましたが、

やはり起きる気配がありません。

この時、かなりの下心がありました。

けっこう強く叩いて起きないのを

確認していた自分に気がつきました。

このまま・・・。

小心者なので、女子大生に目隠しをし、手を後ろで縛りました。

自分の冷たい手で起きられたら困るので手も温めました。

この下準備の間も起きる気配がありません。

目隠しをされ、手を後ろで縛られた衣服の乱れた女子大生の姿は、

とてもそそられました。

軽く女子大生にキスをし、舌を入れてみましたが、起きません。

ゆっくりと女子大生の体を起こし、

後ろにまわり胸を揉みました。

ブラジャーのホックを外し、ついに生で触ってみると、

少し乳首が立っているようでした。

右手で胸を揉みながら、左手でスカートをめくり、

陰部に手を伸ばしました。

ク○ト○スをいじり出すと、女子大生の口から、

「ぅくっ・・・うっ・・・・あっ・・はぁはぁ・・・」と、

無意識ながらも感じているような吐息が口から漏れました。

女子大生の体を倒して下着を脱がし、

足をMの字のして陰部をすべて見ました。

薄い陰毛で覆われた割れ目は、

ク○ト○スを刺激されていたこともあってか湿っていました。

陰部に舌を這わせ、すでに濡れている性器の中に舌を入れます。

「ううっ・・・」

女子大生が声を上げました。

起きたのか?

心底ビビりましたが、起きたようではないようです。

今度は、女子大生の顔を見ながら、指を性器で刺激しました。

「あっ・・・うっ・・・ああっ・・・っ・・・」

寝ていても感じている目隠しされた女子大生の顔を見てながら、

ズボンを脱ぎ、チ○ポを出しました。

女子大生の頭を持ち、口の中にチ○ポを入れ、腰を振ってみました。

それから、ついにチ○ポを女子大生の性器に正常位で挿入しました。

女子大生の膣内は暖かく、とても締め付けてきます。

ゆっくりと出し入れを始めると、

「・・・うっ、・・っう・・あ・・あっ・・あっ・・あっ・・・」

出し入れに合わせるように、

リズムに合わせて女子大生の口から吐息が漏れます。

起きているのではないか?と心配になりましたが、

ここまできたらどうなってもいいと思い、激しく腰を振りました。

そして、中に出しました。

しかも、そのまま抜かずに2回目もしてしまいました。

行為が終わった後、

目隠しを外して顔と学生書と裸を写真で撮りました。

衣服を元に戻すと、交番に連絡に行きました。

ちなみに女子大生は仮眠室ではなく、駅長室の椅子に座らせて、

いかにも意識があったがそのまま寝てしまった風にしてです。

やってきた警察に女子大生の身柄を預けました。

今思うとすごいことをしてしまったと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする