【エッチ体験談】糸を引く感じが堪らなくエッチでした

【エッチ体験談】糸を引く感じが堪らなくエッチでした

彼氏の先輩に口でしてあげた話

私の彼氏はサッカーのサークルに入ってて、私自身はマネージャーとかじゃないんだけど、たまたま高校の頃からの友達がそのサークルでマネージャーをしているので、そこの飲み会には時々参加してました。

その日も居酒屋で凄い盛り上がって、そろそろ電車もなくなるしお開きにしようかって事になりました。

私の彼氏も次の日朝からバイトらしくて、

「一緒に帰ろうよ」

って言われたんだけど、マネージャーしてる友達が2次会一緒に行きたいって言うので、2次会に行く事にしました。(女は私とその友達だけだったので)

彼氏も

「◯◯さん(友達)がいるならいいよ」

と言って、許してくれました。

2次会の場所どうしようってしばらくウダウダしてたんだけど、そのうち

「Y(先輩)の家行こう」

って話になりました。
Yさんは実家暮らしなんだけど大きな家で、それまでにも何回かそこで飲み会やった事があったし、終電逃した人が泊めてもらったりしてました。

で、結局3時ぐらいまで飲んでみんな(男4人、女2人)酔っ払って、和室に布団を適当に並べて雑魚寝する事になりました。

電気消して30分位は皆起きてたみたいなんだけど、そのうち凄いイビキが聞こえてきて、私は慣れない枕でなかなか寝付けませんでした。

友達は結構すぐに寝てしまったみたいでした。

多分4時半ぐらいに、トイレに行って戻ってこようとしたら、Yさんが廊下の電気を点けて部屋の外に立ってました。

普通にビックリして、

「起こしてしまいました?ごめんなさい」

って言ったらYさんは

「イビキうるさくて寝られないんでしょ?」

と笑って、

「俺の部屋でもうちょっとだけ飲もうか」

って。

その時ちょっと危ないかなって思ったんだけど、彼氏が同じサークルにいるの知ってるし大丈夫かなと思って部屋に行きました。

しばらくは普通に飲んでたんだけど、だんだん話の内容が下ネタになってきて、

「最近オナニーばっかりしてるよ」

とか

「◯◯ちゃん(私)ってフェラした事あるの?」

とか、かなり際どい話になってきました。

私は元々下ネタ平気な方で、飲み会でもマネージャーの子と2人でそっち系のネタで盛り上がったりしてたので、普通に受け答えしてました。

そのうち

「2人きりでいると勃ってきた」

とか言って笑うんです。

Yさんは立ち上がるとズボンを下ろして、股間が膨らんだビキニブリーフを私の目の前に見せつけてきました。

ちょっと触ってみてよって言われて、私も清純系ではないのでちょっとだけならって思ってビキニブリーフの上から触ると硬くなってました。

そしたら急にYさんに肩を掴まれて

「ちょっとだけ舐めてよ」

って言われて、しばらくは

「えー…」

とか言ってたんだけど結局

「いいじゃんちょっとだけ」

みたいなノリでYさんはビキニブリーフを脱ぎました。

「じゃあYさんのオナニー見せてくださいよ」

って言ったら、

「俺がするの?自分で?」

とか言いながらYさんはオナニーし始めました。

2、3分自分でしごいてたんだけど、そのうち

「やっぱり見られてると無理だよ。舐めてよ」

と言うので、先っぽにキスしました。

ガマン汁が塩辛かった。

それまではちょっとお笑い的な雰囲気だったんだけど、キスしたらYさんがちっちゃい声で

「う………」

とか言うので私もちょっとやらしい気分になりました。

私は口でするのはちょっと自信があるので、フェイントでいきなり玉にむしゃぶりつきました。

ジュルジュルジュパジュパっと卑猥な音を立てて吸ったり舌先で玉を舐め回す。

Yさんは玉が感じるらしく

「ヤバイ…玉スゲー気持ちいい」

と喘ぐような声で言っていました。

その反応に気分が乗って、さらに口に含んでは出して左右交互に玉を味わいました。

「あっスゲー。あっもっと、もっと吸って」

玉が相当気持ちいいらしく、今度は吸い込んだ後に口の中で唇を動かして玉を挟んだり離したりを繰り返しました。

「ああっ、ああっ」

とYさんは身動ぎするぐらいに感じていました。

その姿にこっちのテンションも上がってしまいました。

それから棒のところを舐めたり先を吸ったり、わざと音を立てたりしました。

舌先でチロチロ舐めると、Yさんは早くカリ全体を口に含んで欲しそうに腰をクネクネさせ、チ◯ポは口に入りたいのに口には入れてもらえずビクビクしながら苦しんでいました。

ようやく亀頭全体を口にパクッと頬張ってヌメヌメさせてあげると、1番良い喘ぎ声を出してくれました。

ココからはカリ中心に口全体を使って舐め上げる。

右手で玉をまさぐりながら、亀頭を舌先をクルクルと動かして滑らせるようにして舐めました。

先走りが舌に絡みついて糸を引く感じが堪らなくエッチでした。

しょっぱさが口に広がり、咥えて欲しそうにYさんが腰を動かすので咥え込みました。

唇で優しく締め付けてゆっくりと上下させて、たまに勢いをつけてディープスロート。

堪らなそうにYさんが喘いでいました。

「あっ、ダメっ、すっげ、気持ち、いいっ」

Yさんは吐息混じりで既に我を忘れて私の口の気持ち良さに陶酔しきっていました。

「ああんっ、ダメダメ。ヤバイヤバイ。イッちゃいそう………………。口に出してもいい?」

遠慮がちに言いながらも腰が激しく動く。

興奮が止まらないのか、私の頭を押さえ込んで喉奥までガンガン突かれました。

喉奥を激しく犯されながらも、Yさんのただの口マンに成り下がった自分に興奮してしまいました。

そのうちYさんの声が低い唸り声みたいになってきて、

「もうイキそう」

と言うので、このままイカせてあげようと思って先を舐めながら右手でしごきました。

Yさんは

「アァァっ!イキます!イキます!もぉっ………だめぇ………」

と言って腰をグイングイン動かしながら口に目がけて幾度と無くドピュッ、ドピュッと射精しました。

Yさんの精液はすっごい苦かったです。

何で精液って同じ人のでも苦い時とそうでない時があるんでしょうね?

私は彼氏に口でしてあげる時はいつも飲むので、その時もYさんの精液を飲んであげました。

Yさんは

「マジで飲んじゃったの!?」

ってかなり喜んでくれました。

凄い臭いがしてたので、その後口をすすぎ、雑魚寝に戻ると彼氏からメールが来てたので、ちょっと悪い事したかなって思ったり。

けどYさんは

「飲んでもらったの初めて」

とか言ってかなり喜んでくれたので、まあいいかと思ってます。

エッチしたわけじゃないし。

誰かにこの話したかったんですけど、友達にすら出来ないので。

下手な文章であんまりやらしくなくてすいません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする