生まれて初めての中出しだった・・・

生まれて初めての中出しだった・・・

あれは去年の花見での出来事です。
男3人でで純粋にナンパ目的で某花見会場に向かいまいした。
俺達は高校からの付き合いで、その時は3人とも大学生3年でした。
途中、酒屋でビールや日本酒、つまみを買いそろえ下準備はOK。
で、会場につくが無論、場所取りなどは一切無し。
缶ビールを飲みながら会場をぐる~と一周。女だけのグループを検索、捜索。
すると会場の隅の方に女性の4人組発見。

(逝きま~す)
と、後藤が缶ビール片手に「ハイハイ。乾杯~」
と、挨拶も無しで女の子達の輪に入っていく。援護射撃として
俺と伊沢が「差し入れっす」と、ビールとつまみをばらまく。いつも通りの手順です。

突然の襲撃に女の子達はビックリしているが。既に酔っぱらっている様で
「あははっ乾杯~」と拒否される事なくすんなり輪に入る事に成功。

女の子達は某大学の学生さんとの事で。
スレンダーで美人系の秀美
巨乳の優子
眼鏡ッコで大人しそうな芳恵
で、引き立て役存在の雅美の四人だった。

俺達は女の子達の間に入り、サークルの話やエロ話で盛り上がっていた。
ビールも次々と注入され俺達も結構いい感じで酔っぱらい始めた
1時間位飲んでいたら、後ろから「あの~・・・雅美、迎えに来たよ」と
これまた貧乏学生を絵に描いたような香ばしい男が立っていた。
どうやら引き立て役の雅美の彼氏らしい・・・。

「あっ、ごめんね。彼が来たら私帰るね」と雅美。
「またね~。バイバイ」と優子達。
雅美と彼氏がいなくなると「何で雅美みたいのに彼がいるのよ」と秀美。
「ツーかあんな彼氏だったいらなけどね」と芳恵。大人しい顔して言う事がキツイです。
「でも、私も彼氏欲しいなぁ」と優子。

どうやら3人は彼氏はいないみたいだ。
ツー事で男3人、女3人と凄くきれいに割り切れる人数になりました。
(消えてくれて有り難う雅美。男3人の心の声)
ここで伊沢がトイレに旅立つ。すると即、俺と後藤の携帯にメールが
「秀美は俺が頂きます」・・・ こ い つ め 。
すかさず後藤と俺がアイコンタクト。俺は優子。後藤は芳恵・・・良かった、争い事はなさそうだ。

伊沢がトイレから帰って来てからは俺達の本領発揮です。女の子達の雅美&彼氏の愚痴を聞きながらも日本酒(美少年)の投入の時期を待っていた。
「ビールは飽きたでしょ。ジャ~ン」と秘密兵器を取り出す伊沢。
「美少年。美少年」はやし立てる男達。

「にゃはは飲む~、飲みましゅよ~」と既に呂律が回らない女の子一同。
飲めや。飲めや。で小一時間で一升瓶が空きそうな勢い。
途中、芳恵が「トイレ~」と立ち上がるがヨロヨロ状態。

「危びゅにゃいよ~」と優子も立ち上がろうするがこっちもまともに立てません。
「しょうがないなぁ。ニヤリ」と後藤が芳恵を連れてトイレまでつきそう事に。
残された秀美と優子には酒を・・・完全に出来上がってます。

ちょっとして後藤が芳恵をトイレから連れて帰ってきました。
すると予想もしていない雨です。天気予報は嘘つきです。
「嘘、マジ?」これからじゃんと思ったが(持ち帰ろう。そうしましょう。男3人の心の必死な声)

「雨だよ、濡れるからここから出よう」と伊沢が切り出す。
女の子達も「あ~い出ますよ~・・・濡れる~きゃはは」と何故かはしゃいでいる。
はしゃいでる女の子達をよそに、一応、ゴミとかを荷物をまとめる男達。
そして、狙いを定めた子の肩に手を回して一路アパートへ。(俺達は花見会場から徒歩で5分もしない所のアパートにバラバラに住んでいた)

アパートの入り口で「頑張れよ」とアイコンタクト。
そして三人とも自分の部屋へと消えて逝った。一挙、三人のお持ち帰りである。
俺は優子をソファーに座らせるが、フラフラと姿勢を保つことが出来ない優子
「大丈夫?」と聞くが「大丈夫れす」と俺に何故か敬礼をしてくる。

「雨に濡れたから、シャワー浴びてきなよ暖まるよ、その後飲み直しね」と風呂場の優子を誘導。
「あ~い。お風呂だいすしゅき」って、シャワーだからね優子ちゃん。

バスタオルを準備して脱衣所にいくと、下着姿のまま洗濯機にもたれて寝ている優子。
色白の肌に上下とも水色レースの下着が・・・コ゛クリ。それよりも 乳 が で か い。
俺のスカウターでは「Fカップ」と推測。

「風邪ひくよ。起きなさい」と声を掛けても無駄です。すでに夢の中。
ハイ、お休みなさい。
俺の脳内で「カッチ」と狼さんのスイッチがON。
優子をお姫様抱っこしてベットに寝かせる。一応念のために確認「起きてますか~?」
応答無し。可愛い寝息で素敵な寝顔です。

パンツ一枚になりベットの前で正座。「頂きます」と合掌。
するすると優子の横に入り込みロリ顔を暫し見入る。可愛い。

すると俺の息子は「おはよう。パパ」と目を覚ます。待たせたな息子よ。
まずは唇にキス。酒臭い・・・。次に耳たぶをハグハグと甘噛み&チューと吸ってみると
「ん、うんー・・・」起きるのか?・・・大丈夫。心臓はドキドキ。でもやめない。

首筋から胸元まで舌先でなぞっていくと。香水のイイ香りが。息子はますます元気に。
水色のレースのブラの上からモミモミと・・・駄目だ。この感触も好きだが、やっぱり生乳でしょ。

ブラを外そうと背中にそ~と手を回す。あれ?ホックが無い。
ツー事はフロントですか?優子ちゃん。胸の谷間を下に降りていくと・・・ホック発見。
ホックをつまんで上下にスライド「パチン」と外すと「プニュボ~ン」と弾けるオッパイ。

ふくよかな乳に小さめのピンクの乳輪。遊んでいる乳ではないと勝手に判断。
で、やっぱり吸うでしょ。左の乳を優しく吸いながら舌で乳首を転がす、右手の中指で右乳の乳首をスリスリ。

「あっ、ん~うん~」・・・(起きませんように。神様)と、乳を吸うのやめ祈る。
セーフ。起きません・・・起きたのは乳首です。ピコリンと勃起した乳首、最高。
舌先を胸から横腹、おへそを経由していざ下半身へ。

脇腹を移動中にヒクン。と優子は動くが、調子づいたら止まらない俺
逝け。逝け。GO。GO。でブラとお揃いのおパンツに到着。
おパンツの上からクンニと思ったか、乳が恋しくなりお口はまた乳にリターン。

乳を吸いながら右手でおパンツの上からス~トとさすってみると・・・湿ってる。
おパンツの中をいざ確認。するする~と陰毛の中へ手を忍ばせていくと割れ目に到着。

ニュルッとした感覚が指先から脳まで到達。そして、一気に優しくおパンツを脱がして、
改めて中指でクリちゃんをクリクリとする「あ~ん」と一声優子。
と同時に優子は起きちゃった・・・。さぁて、どうする俺と息子よ。

寝ぼけ顔の優子に「おはよう。大丈夫?」と声をかけるが、右手はノンストップ。
「えっ、何?ア~ン駄目、駄目だってば~」と優子は言うが止められる訳がない。
(ツーかここで止めたら俺の負け。息子はショホーン確定)

すかさず、キス。「ん、ん~」と声にはならない優子。かまわず舌を入れると・・・
おっ。絡み合った。ニュルニュルとからみつく舌。OK。サインがでましたよ。息子よ。
キスを止めて「続けてイイ?」と聞くと黙ってうなずく優子。完全勝利。

「綺麗で大きなオッパイだね」と言いながら今度は右乳にしゃぶりつく。
「恥ずかしいよ・・・」と優子は両手で顔を隠す。その仕草がめっちゃ可愛い。
一応、許可が出たので余裕が出た俺は、優子をM字開脚させてアソコをペロペロ開始。すんげー濡れてる。大洪水ですよ。

「あ~ん、気持ちイイよ~」と俺の頭を押さえる優子。好き者ですか?
クリちゃんをハク゛ハク゛して一気に吸い上げる。そして、じゅるじゅるとお汁を飲み干す。
それでも奥から止めどなく流れるお汁。シーツはお汁の地図の出来上がり。

「あーん駄目~、逝くよ~ハァハァ」
優子はヒ゛クンヒ゛クン体を震わせ逝ったみたです。
俺の息子もその時には我慢汁が、もう限界です。

「入れてイイ?」と聞くと「うん、入れて・・・」と恥ずかしそうに答える優子。
息子よ、お汁の海でおぼれるなよ。と、ニュルリと挿入。
あっ、ゴム。と思ったけど・・・まぁ、イイか。

そのままで生で奥まで一気に入れると「あぁー、あんっ」とあの声も最高に可愛い。
リズミカル&ランダムにピストン運動開始。突き上げるたびに揺れる乳。
もう会話なんていりません。お互い本能のままに今を楽しむ。

息子とアソコを連結させたまま正常位から座位に。腰を抱きながらディープキス。
優子も自分から腰を動かし、部屋にはクチュクチュといやらしい音が。
優子のアソコは締まりは最高。今までにないくらいの吸着と締め付け。

あまりの気持ちよさに「ヤバイ、逝くよ俺」と言うと「私も逝く~」と
「何処に出したらいい?」と聞くと「中でイイよ。今日は安全日だから・・・」
息子よ聞きましたか?中で出してもイイんだぞ。
俺は一気に腰を動かし優子の中に発射した。生まれて初めての中出しだった。

「駄目、逝っちゃう・・・」
同時に優子も逝ったようで、そのままベットに倒れ込む。

二人は裸のままで朝を迎えた。
先に目を覚ましたのは優子。ベットの上で下着を探していた。
俺も目を覚まし目をこすりながら「おはよう」と笑顔で声をかえる。

「あっ、おはようございます」と慌てて胸を隠しながら優子は恥ずかしそうに答えた。
「あの~昨日・・・やっちゃったんですよね?」と尋ねられる。
どうやら記憶があいまいみたいだ。
「うん、やっちゃたね」と俺はニヤリとしながら答えた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする