おまんこから出るチュクチュクという音だけがシャワー室に響いた…

おまんこから出るチュクチュクという音だけがシャワー室に響いた…

市民プールでスイミングスクールのコーチのバイトしてた時の話。
当時新卒で会社員やってた俺は小遣い稼ぎとジムとプールがタダで使うために
近所の市民プールでアルバイトする事にした。
意外と可愛い女の子のバイトが多くて、男子アルバイトもスポーツマンで
さわやかな感じの良い奴らばかりで安心した。
最初のうちは監視員や清掃がメインだったけど
研修を受け、半月後くらいから
こどもスイミング教室をアシスタントコーチとして
受け持つ事になった。その時、初めて顔を合わせた
コーチのアルバイトの女の子がスラッとした背の高いモデル風で
内心嬉しかった。

初めましての挨拶を済ませて、
お互い更衣室へ行き水着に着替えた。
当然、男子の俺の方が早くて
先にプールに出て、ちゃんと並んで待ってる子供たちに
よろしくね~とか言ってコーチの聖子を待ってた。

数分後にシャワールームのドアが開いて聖子が出てきた。
俺は、大げさだけど目を疑った。アリーナ(知ってるかな。)の
超ハイレグの競泳水着を着ているのだ。しかもかなりの美脚で
長い脚。胸も大きくはないがそこそこある。
正直、見てるこっちが恥ずかしくなるくらいのハイレグ具合だ。

聖子の水着に若干股関が反応しつつ、
再び自己紹介を済ませて
いよいよ水泳教室スタート。

俺はプールのひたすら中に入って
泳ぎ方の悪い子にアドバイスしたり、
タイムや残りのメートル数を教えたり
するだけだった。聖子は台に登って泳ぎ方をレクチャーしたり
あっちこっち走り回ったり、泳いだりと忙しそうだった。

その度に綺麗な太ももと
股が見えて、俺は勃起を抑えるのに必死だった。
そんなこんなで教室終了。
教室終了後はコーチ用のシャワールームを使うんだけど
そのシャワールームが狭くてなかなかくせ者。
シャワーは一つしかなく、気を使いあいながら
お互いにどうぞどうぞとか言いながら体を流した。
その時の聖子の行動が結構大胆で興奮した。

つま先のマッサージかよくわからんが、
お尻を突き出すような格好をしたり、
足の裏を洗う時は毛が見えるんじゃないかと思うくらい
股を広げたり…。脚フェチな俺はもう完全にフル勃起してしまい
海パンのゴムを縛り直すふりをして誤魔化そうとしたけど
聖子にパッと勃起した股関を見られてしまった

「しまった!」と思いながら「お疲れ様でした」と逃げるように
更衣室へ向かった。聖子は少し笑いながら「お疲れ様~」と
言ってくれた。

次の週、顔を合わすのがかなり恥ずかしかったが
聖子はいつも通りといった感じで、普通に
スイミング教室は始まったのでほっとした。

何度か教室を重ねるうちに、聖子とは同い年という事もあり
敬語は変わらないが、冗談を言い合ったり出来る仲になった。
そして新たに気づいた事もあった。

聖子の脚に相変わらず見とれてしまう事が
多々あった俺だが、慣れてきたのか、その視線を聖子に悟られてしまう
回数が増えてきたのだ。そしてその度に聖子が目配せをして
「また見てたでしょ~」みたいなジェスチャーをしてくるようになったのだ。

俺も少しふざけた感じで「すいません」とか言ってた。
その日は教室が終わってからも聖子は自主トレで
プールで泳ぎ続け、俺はラストまでプール監視のシフトだった。

平日という事もありスイミング教室後のプールは
ガラガラでほとんど客は来ずにあっと言う間に
営業終了時間がきた。プールのフロアには俺と聖子だけ。
俺は清掃の仕事をして、聖子は温水ジャグジーでくつろいでいた。

最後にシャワールームのタオルを取り替えていると
聖子が入ってきてシャワーを浴び始めた

奥のタオル置き場でキョドってる俺を笑うように見ながら
シャワーを浴びている。狭いのでシャワールームから出るには
聖子の体に触れなきゃいけないので、俺はシャワーが終わるまで
待とうとした。というか、勃起していたので動けなかったのだ。

勃起を隠すために前かがみで
タオルを畳み直したりしたけどもう限界。
聖子にはバレバレだった。早くこの場を立ち去らないと
ヤバいと思い、意を決してシャワー室から
出ようと聖子に近づいた。聖子は俺に水がかからないように
蛇口をひねってシャワーを止めてくれた。

でも、その体制がいけなかった。少し低めの位置に蛇口が
あったので、背中を落としてお尻を突き出すような
姿勢になっていた。そのままの姿勢で聖子は「どうぞ~」と
一言。聖子のお尻と壁の間はわずか20センチくらいしかなかった

少し冗談っぽく「このまま通ったらカラダが密着して
お尻とか触っちゃうよ?」と言うと
聖子は「え~、いいよ?その代わりに町田さんの腹筋触らせてよ」と。
この一瞬で空気が変わった。

一気にエロい雰囲気になってしまったけど、冷静に
「ふっ。良いよ~」と言い、
聖子に体を密着させて通り抜けようとした。
案の定、俺の手は聖子のお尻や太ももに触れた。

「ハイっ、さわった」と聖子が笑った。
俺はTシャツを脱いで、「触っていいよ」と言うと
聖子は俺のカラダに触れてきた。ペタペタと
俺の腹筋をさわりながら
「めっちゃ割れてる~!すごい!」
とか言ってた。

このままただのスキンシップで
終わらせたくない、という気持ちが働いて
こっちが先手を打たねばと思い、俺は
「めちゃくちゃ勃起してるわ」と言ってみた。

聖子は「知ってる」
「この間も大きくなってたよね?ってか
普段も大きいよね。バイトの女の子の
間で噂になってるよ」と言ってきた。

いつの間にか、敬語がなくなり、恋人であるかのような
雰囲気なってきたのを感じた。
俺はハーフパンツをズラしてパンツ一丁になり
聖子の手を股間に持ってこさせた。

聖子はそのまま無言で俺のチンポを握り
グイグイって動かした。これでもう性欲にブレーキを
かける必要はないと確信した俺は
一気に攻めた。聖子のハイレグの股間から
指を這わせて、太ももをさすりながら
両手でお尻をグッと持ち上げて激しく揉んだ。

意外に肉厚なお尻に興奮し、口を胸に持っていって
水着の上から乳首を舌先でペロペロした。
聖子は「あっ・・」と声を漏らして、どんどん乳首は硬くなってきた。
聖子と顔を見合わせて、お互い少し迷った感じになり一瞬、
間があったけど激しくディープキスをした。
もう後には引けなくなってきた。

キスの後、水着をズラして聖子のおっぱいを
露出させて、乳首に吸い付いた。
Dカップくらいの綺麗なお椀型で、乳首の色も薄くて
良いおっぱいだった。濡れてるからか乳輪はキュッと締まって
これでもかというくらい乳首はビンビンに立ってた。

指先で乳首をクリクリしてやると「アン・・あっ・・」と
声が出るので、キスで口を塞ぐ。という動作に
興奮してしまった。おっぱいや首筋、お尻、脚などは
一通り攻めたけど、あえておまんこはまだ触らなかった。

股間の近くに指を這わせて焦らしてると
聖子の手がパンツの中に入ってきて俺のチンポを握ってきた。
俺がすっとパンツをおろすと、聖子は俺の肩を両手で
押して壁に付け、そのまま手を乳首に持ってきて
俺の乳首をさすってきた。思わず声を出してしまった。

「あたし、攻めるのも好きなんですよぉ~」とまた敬語で言う。
そして舌を長く出して、めちゃくちゃエロく乳首を
舐めてきた。しばらく乳首を舐められながら
手コキをされ、すでにイキそうだった。

俺は指を聖子の股間に持っていって、水着の上から
クリトリスをいじった。聖子は腰をピクピクさせながら
待ってましたとばかりに、乳首を舐めるのを止めて
声を出し始めた。「ちゃんと乳首舐めてないと」と
意地悪を言うと「はい・・」と素直に従った。

水着をズラして、直に指をおまんこに入れてやると
すでにおまんこはトロトロの状態で、熱くなってた。
聖子に後ろを向かせて、壁に手を付かせ
お尻を突き出す形になってもらい、
後ろからゆっくりと指をおまんこに入れて動かした。

腹の方に向けてグイッと指を動かすと
「あぁぁーッ・・!」と押し殺した声を出した。
さすがにバイト先なのであまり声は出せない。

痛がる様子もなかったので、思いっきり手を
速く動かして手マンをした。「フンっ・・!フンっ!」と言う
聖子の激しい鼻息と、おまんこから出るチュクチュクという音だけが
シャワー室に響いた。

しばらくすると聖子が普通に声を出し始めたので、誰かにバレるとヤバい!と
指の動きを遅くして、グググっとGスポットを押すと
聖子のお尻がガクガク震え出して
「あぁっ!」と、また大声を出した。指を抜くと
聖子は振り返って俺に抱き付いてきた。

聖子は俺の胸に頭を置き、まだ震えていた。
俺の顔を見上げて「ヤバいよ、気持ちよすぎるんだけど」
と苦笑いしながら言ってきた。

「ずっと勃起してるね・・」と言いながら
俺のチンポを両手でさすりながら、膝立ちに
なってフェラをし始めた。亀頭とカリを中心に
ネットリと舌を絡ませ、手は乳首へと…

まさに申し分ないテクだった。「膝が痛いだろう」と
タオルを下に敷いてやると「ありがと」
と言って、さらに激しくしゃぶってくれた。
そして、これ以上デカくならないという位まで
勃起した俺のチンポを握りながら上目遣いで
「入れてみよっか?」と言ってきた。

聖子を再び後ろに向かせて、水着をズラして立ちバックの
形でゆっくりとチンポを挿入した。自分から
ケツを押し出してきたので、よっぽどエロい女なんだなと思った。
聖子のおまんこは濡れまくってて、熱かった。

さすがスポーツをやってるだけあって、しまりが良い。
声を漏らす度におまんこがキュっと締まって、
チンポが刺激される。声をガマンしている聖子に
「いっぱい声出してイキたいか?」と聞き、
ガンッ!と一発突いてやると、「ハァん・・!」と
声を出して頷いた。

俺は聖子にタオルを噛ませて思いっきり突きまくった。
聖子は苦しいのかと勘違いしてしまうような悲鳴をあげている。
もはやタオルの意味はほとんどなさそうだったけど
もう構わずに激しくチンポで突いてやった。

段々聖子の悲鳴がイヤらしくなり、おまんこの中が
狭くなってきた感じがした。すぐ後にまた
おまんこが広がって、チンポの先が熱くなって
その瞬間に、イキそうになったのでサッと
チンポを抜いた。抜いた瞬間、聖子のおまんこから
ピシャッと液体が吹き出したのをハッキリと覚えている。

大量の精子を聖子のお尻の上に出した。
聖子は壁にもたれかかって、体を振るわせて
床に手をついて四つん這いになって頭を下にした。

パックリ開いたおまんこから、タラ~っと液体が
流れてて、「もしや」と思い、クリトリスをいじると
液体がまた出てきたので、次は指を入れて
動かすと、ピシャー!っと潮を吹いた。

そんな事をしてる時に、プルルルル~!と
事務所の電話がなり、俺と聖子はハッ!と我に返り
お互いに身なりを正して、俺は電話に出て(水質の確認の連絡だった)
聖子はシャワーを済ませて更衣室に入っていった。

時計を見ると、幸いまだ掃除の時間内で、
下にいるバイトもまだ仕事をしているみたいだった。
俺も更衣室に行って、ロッカー越しに聖子から
「後でまた話さない?」と言われ、
着替えを済ませて下にいるバイトと合流して
「お先に~」と二人で帰った。帰りに少し話をして、その日は帰った。

セックスの話はあまりしなかった。
俺はすぐにそこのバイトを辞めたけど
聖子とは今も連絡を取って、セフレとしてつき合ってます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする