彼は私の気持ちを知っててセックスフレンドにしてるんです

彼は私の気持ちを知っててセックスフレンドにしてるんです

私には好きな人がいます。
でも、彼(武田さん)はセックスしたい時だけ私を呼び出します。
彼は私の気持ちを知っててセックスフレンドにしてるんです。
この前も呼び出されて彼の部屋に行きました。
部屋に入るとすぐに裸にされました。私が彼の愛撫を待っていると立ち上がってビデオをセットしはじめたんです。
私が嫌がっても笑って無視です。
そしてそこからは武田さんの命令に従うことになりました。
最初はフェラと言われて、横たわっている彼にしゃぶりつきます。

彼に後ろから胸をもまれながら足を広げて自分でクリを転がします。
我慢できなくなって彼を押し倒して上にまたがり、自分で腰を振ります。
「バックで犯して下さい」とお願いして後ろからついてもらいます。

「いきそう」って武田さんが言うと「なめさせてください」って口でいかせました。
「触ってください」ってお願いしてカメラに向かって足を広げて指でいかせてもらいます。
興奮して夢中で武田さんのあそこにしゃぶりついてまた自分でまたがりました。

後でビデオを見せられたんですが、彼の顔は写ってなくて、私のいやらしい顔とか入れられてるところとか、私のアソコが写っていました。
すごくはずかしくて「誰にも見せないでください」ってお願いしました。
何日かして、武田さんからまた呼び出されました。

彼の部屋へ行くと武田さんと有田さんっていう友達がいました。
「あれ?」っと思いながら「こんにちは」と挨拶すると、有田さんがちょっと変な笑い方をしました。
不安なまま座っていると有田さんが足を触ってきます。
逃げようとすると後ろから武田さんが抱きしめてきて、胸をやさしく触ります。

「綾(私)はスケベだし、俺のいう事は聞くよな」っていいながらビデオを再生。
そこには、彼にまたがる私が写っていました。
「有田にも見てもらえよ」って私を裸にして足を広げます。
有田さんは私の股に顔をうずめて指で触りながら舐めまわします。
「舐めてもらうだけか?」と武田さんに言われて、有田さんのズボンを脱がし寝転がってもらって私は四つんばいになって一生懸命舐めました。

すると、武田さんが私の腰を掴んでグングン突いてくれます。
武田さんが離れたら、自然に有田さんにまたがって腰を振ってしまいました。
有田さんは興奮したみたいで私を押し倒して足を持ち上げていってしまいました。
武田さんはまだいってなかったのに、座って私を見ているので「武田さん、きて、私でいってください」ってお願いしてしまいました。
武田さんとしたかったんです。

武田さんは萎えてしまっていたので私の口に押し入って大きくなると足を持ち上げて遠慮なく激しく突きまくってお腹にだしました。
私は何度かいって朦朧としているのに、うずきつづけるアソコにいつのまにか手をやっていました。

「綾、ほんとやらしいなあ。これですれば」とバイブを入れられパンティを履かされ手足を縛られ転がされました。
横ではテレビから自分のあえいでる姿が流れています。
私は耐えられそうになくて「許してください」と必死でお願いしているのに武田さんは「俺バイトいってくるわ」とさっさと出て行ってしまいました。

有田さんは私の手足を縛ったままパンティを下ろして、バイブを出し入れしクリを転がし、もう耐えられなくなっている私に「気持ちいい?こんなにジュクジュクになって、綾ちゃんはスケベだね」ってちぎれそうなくら首を振っていきまくって、それでも終わらない攻めにあえいでる私を見ています。

「お願い・・許して・死んじゃうゥ助けて」と何度もお願いすると、バイブを抜いてくれました。
気が付くと手足を縛られたまま私は眠っていたようです。
有田くんは布団をかけてくれていました。
有田くんとはその後一緒にお風呂に入って洗ってもらいました。

それから、私は武田さんと有田くんと別々に呼び出されてエッチしたり、時には3人でエッチしています。
先日3人で武田さんの知り合いのペンションへ旅行へいきました。
野外エッチが目的で、途中で車をとめて山でエッチしたり、後部座席でバイブを入れられたりしました。

夜中に武田さんがペンションのオーナーを部屋に呼んで有田さんとエッチしてるところを見られてしまいました。
武田さんはオーナーを誘って私にオーナーのを舐めるように指示しました。
舐めていると、有田さんも私から離れて私はオーナーに抱かれました。

オーナーがいったあと、有田さんに誘われるままお風呂にはいって洗ってもらいお風呂で舐められ、いかされて、立ちバックでしました。

帰るとき「昨日楽しかったから」と宿泊代をただにしてもらっちゃいました。
綾は、武田さんも好きだけど最近は有田さんの方が好きになってきています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする