彼の横に座り彼のチンチンを握るとシコシコ動かしました…

彼の横に座り彼のチンチンを握るとシコシコ動かしました…

夫には内緒にしている話です。
数か月前、夫の兄の子(雄治君)を下宿させる事になりました。
雄治君は私立中学校に入り、自宅からちょっと離れている事もあって、
我が家で面倒を見る事になりました。
私達には10歳になる息子がいて、雄治君は兄の様な存在です。
息子も雄治君にベッタリで助かっている所もありました。
そんなある日、雄治君が代休で平日休みだった事があって、
私は何時の様に家中を掃除して回っていたんです。
いつもの癖でノックも無く雄治君の部屋に入ると、
ベットの上で雄治君が下半身剥き出しでおチンチンを握っていたんです。

”ごめんなさい!”
そう言いながらも私はしばし立ち尽くしていました。
雄治君の目の前にはエッチな本が広げられていましたが、
大人の女性の裸をみてオナニーしているんだと改めて思いました。

”叔母さん!見なかった事にしてくれる?”
”分かってるわ・・・雄治君も大人になったのね”
”ねぇ、叔母さんもオナニーするの?”
”えっ・・・ん~”

”じゃ見せてよ・・・僕の見て、自分のを見せないってズルいよ”
”そんな所、見せられる訳ないでしょ”
”きっと親に言うんだ!僕の恥ずかしい事”
”言わないわ・・・絶対”

”ウソだ!証拠ないでしょ。叔母さんも恥ずかしい所見せてくれれば、お互い様で言えないでしょ”
”でも・・・”
”じゃ、僕の握って逝かせてくれる?”
”ん~それだったら・・・”

間違っていました。
断るべきだったのに・・・。

私は雄治君の横に座り、大きくなったチンチンを握ってシコシコ動かしたんです。
彼も”やっぱ違うんだ!自分でやるより気持ちいい”と言いながら、エッチな本を見つめています。

”叔母さん!裸見たかったなぁ”
”何言ってるの?”
”だって・・・いいじゃない。今夜一緒にお風呂入ろうか?”
”もう駄目よ”

雄治君のおチンチンは熱くなりピクピクとし始めたんです。

”ティッシュ頂戴”
彼の手元のティッシュに手を伸ばし、顔をチンチンの傍に近付いた瞬間先端からピュッと拭き出したんです。若い射精は勢いが良く、私の顔に吹き飛んだんです。

”もう!”
そう言いながら彼のおチンチンを綺麗に拭き取り、ズボンに閉まったんです。
急いで風呂場に向かい、私は顔を洗いました。

その夜、息子が”ママ一緒にお風呂入ろう”と言い始めました。
”いいわよ!”そう言うと”雄治兄ちゃんも一緒ね”と言うんです。
雄治君を見るとニコニコとし、彼の仕業だと分かりました。
脱衣場で着替えを始めると、雄治君がジッと私の身体を見て来るんです。

”早く脱がないの?”
”そんなに見ないで・・・”
恥ずかしくて溜まりませんでしたが、雄治君の前で下着を脱ぎ裸体を曝け出したんです。
風呂に入ると、雄治君はやはり私を見つめていました。

しかもチンチンは大きく反り立ち、今にも襲い掛かって来そうな雰囲気です。
息子もいて、それ以上に事は無かったんですが、中*生にドキドキさせられた私。

数日して、雄治君に部屋に呼び出された私は、信じられない言葉を聞きました。

”ねぇ!叔母さん!オナニー手伝って”
”何言ってるの?ふざけないで”
”じゃ、前のこと叔父さんに言っちゃうよ”

心臓が止まりそうでした。
彼の横に座り、彼のチンチンを握るとシコシコ動かしました。

なかなか逝かない彼に、焦りを感じていると
”本じゃ逝けない・・・叔母さん裸見せて”
”駄目、出来ないわ”
”風呂一緒に入ったんだし・・・いいでしょ・・・直ぐに逝けると思うんだ”

その言葉に騙され、私は服を脱いだんです。
下着姿でベットに座ると、彼は下着を強引に脱がせてきました。
顔を近づけ匂いを嗅ぐ姿に、異常な怖さを感じましたが、早く逝かせることに集中したんです。

”叔母さんのここ凄くいい匂いがする・・・おまんこって言うんでしょ”
”そんな所見ないで・・・”

彼は私のおまんこを見て興奮しているのか?チンチンが硬くなりピュッと噴き出したんです。

”もう終わりね”
そう言うと、彼はいきなりおまんこを触って来たんです。

”雄治君!駄目・・・触っちゃ駄目”
”叔母さんここ感じるんでしょ。本で見たんだ”
”感じないわ・・・”
”そうかなぁ、変な汁出ているよ”

彼に指摘され驚きました。
雄治君に見られて感じてしまった自分が恥ずかしかったんです。
彼から離れ、服を着た私は急いで部屋を出たんです。

あれから1週間が過ぎました。
夫が遅い日は、毎回彼の部屋に呼び出され、オナニーの手伝いをさせられています。
裸で彼のチンチンを握りながら、彼は私のおまんこを弄って興奮するんです。

いつ入れられてしまうのか?
不安で仕方ありません。
夫にも相談出来ず、彼が飽きてくれる事を祈っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする